<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

俗に言う、「本当は教えたくない」って奴。

たまに耳にする「本当は教えたくない旨い店」という奴。
私も一軒、ローマにあります。
そのお店は完全に観光地から離れていますので、もちろんやってくるのは地元のお客さんのみ。

しかもお値段もお安いと来たもんだ。
私的に「素朴なスパゲッティー」が一皿1000円近くもすると、なんだか悲しくなってしまうのですが、ここなら大丈夫(えーい、何とかならんか、円安!)。
ピザも美味しいのでぜひ!!!



    
       Tavernaccia − via Giovanni da Castelbolognese 63(地図はこちら!!)
                    Open 12:00-15:00 19:00-23:00




手打ちパスタなどは大体7ユーロ前後。
ハウスワインのハーフに到っては2.5ユーロ前後、ドルチェも3ユーロ前後。
コペルトもそれほど高くなく、しかもマズイ硬いパンを出す店が多い中、ここのパンは美味しいのでやんす。




↑とてもひっそりとした店構えなので、見逃すな!


↑午後から夕方まではお店を閉めますので要注意!


↑素敵なカウンター。


↑メニューに載ってない、その日のコントルノ(Contorno/付け合せ)が並んだスペース。
ちょいと頼んでみよう。


↑夜遅くになると賑わって来ます。


↑ボリュームも満点!


↑デザートはプリントかタルトとか。いつも違うものが用意されてました。



ぜひ皆さんにも行って欲しいのですが、一つだけ注意。
昼間はまだ良いのですが、夜は大変人通りが少ないのです。
周囲には他の店もほとんど無い薄暗い地域にあります。
近くにバス170番とトラム8番が通る道がありますが、夜の場合はくれぐれもお気をつけください。
女性一人でこの辺をウロウロしてはいけません。
ましてや、川沿いを歩いて行こうなんて思っちゃ駄目ですよ〜。





↑私を虜にしてやまない「お豆のスープ」。
メニューには載ってないのですが、聞いてみましょう。
イタリア料理はパスタだけではありません!!!





JUGEMテーマ:イタリア
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2008.02.04 Monday 11:58 | comments(2) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

飲んで楽しむ、トラステヴェレの夕べ。

今週はトラステヴェレから大きく外れてしまったので、ちと軌道修正をば。


トラステヴェレは散策するだけで楽しいですが、やっぱり陽気に飲んで楽しまなくちゃ!
そこで今回は、私が行ったパブ(PUB)&エノテカ(ENOTECA)をご紹介したいと思います。



●トラステヴェレで静かにオシャレにワインを楽しみたいのなら!


     FERRARA → レストラン Via del moro 1/a Roma(地図No.11
               食材店 Piazza Trilussa 41


とにかく、インテリアが凄い。
ソムリエと建築家の姉妹が経営する、エノテカです。
敷居が少々高そうに見えますが、思い切って店内に入ってみてください。
親切なスタッフが、おススメワインなどを丁寧に教えてくれます。
私もここで久しぶりに「ワインによってグラスを変える」飲み方をしました(笑)。
その分ワイン一杯7ユーロ〜と、値段が高めですが、その価値はあります!!
こんどローマに行ったら、もう一回行きたいです〜。
ホームページも何だか凄いです(笑)…職場で見る時は要注意! 音楽付よん♪




↑写真があまり取れなかったんですが、これだけでも雰囲気が伝わるかな〜??



●トラステヴェレのランドマーク的パブ


     Friends Art Café →Piazza Trilussa 34(地図No.10


トラステヴェレには珍しく、モダンなインテリアのお店です。
ハッピーアワーでいつも若者があふれてます。
トラステヴェレとカンポ・ディ・フィオーリを結ぶ、シスト橋(Ponte Sisto)のすぐ近くにあります。
あまりにも目にしてたので、写真に取るの忘れてました…。



●1杯のドリンクで、たくさん食べたい時は(笑)


     FRENI E FRIZIONI → Via del Politeama, 4/6(地図No,12
                 TEL: 06 5833 421


実はここ、お店の名前と住所を聞くのをすっかり忘れてたんですが、インターネットのおかげで、見つけることがきでました。
私がローマ滞在時に、いつの間にかできていた新しいお店です。
Piazza TrilussaからVia del Politeama通りへ向かうとすぐに石段があり、そこを登ってください。
その上の建物がパブになっています(地図No,12)。
ここの素晴らしいのは、ドリンクを飲めば、ブッフェが食べ放題なのです。
いつも「こんな料理を振舞って、経営は大丈夫なんかい?」と心配してしまうほどの料理が出ます。
いかにも私が好きそうな所でしょう(笑)。
このホームページも職場で見る時は要注意爆弾
いきなりロックが鳴り出しますので…(笑)。




↑席が少ないので、立ち飲み&立ち食べ覚悟。
それが嫌だったら、夜6時くらいに行ってみよう!


↑ついでにキュートな女の子もパチリ。




↑こらこら、みっちょん、女の子を肴に酒を飲むんじゃない。
それにしても、どうしてイタリア女性はプロポーションが良いのか。
…イラストでもわかる、その差。


体を構成する、元素記号の違い???


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.03.10 Saturday 12:12 | comments(5) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

ピザ屋の思いでポロポロ(パート)


↑人間とは、自分に都合良く考える生き物である。



パートを見ていただけばお解りだと思うのですが、ベニちゃんばっかりおごり損です。
ごめんよ、君が日本に来た時は大盤振る舞いしちゃるけん。

それにしても誕生日にジュエリーなんぞをもらうと言うのは、かなり久しぶりでした。
(↑さり気なく、寂しい事実をカミングアウト……)

こんなに素直で(?)良い子なのに、どうして彼女ができないんだろう。
…かなり余計なお世話だけど、姉さんはいつもそう思う。
頑張れよ、ベニ君!!!



●Pizzeria ai Marmi−Viale de Trastevere 53-59(地図No,2 )
               Tel:065800919


いつもいつも人で一杯のピザ屋さん。
小さい四角い、愛想のないテーブルが並んでるので、「死体置き場のピザ屋」と呼ばれてるとか何とか。
そう呼んでたのは私の先生だけかもしれませんが(笑)。
ローマ気分を味わいたいたいならココです!!!




↑お兄さん達がガンガンピザを焼いてくれます。


↑行列は覚悟!矢印のの眉毛美人はワタクシです(´∇`)(写真:はるさん)


↑テラス席も一杯!!


↑ローマ風ピザはパリパリに薄いので、どれだけでも食べれちゃうぞ!


↑おつまみのフライも忘れちゃダメよん(写真:はるさん)


↑特にアランチー二(arancini:ライスコロッケ)も大事です!(写真:はるさん)

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.03.01 Thursday 10:08 | comments(5) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

ピザ屋の思いでポロポロ(パート)





    Dar Poeta  Vicolo del Bologna 45/46(地図No,7



ローマでも有名なピザ屋さんらしいです。
いつ行っても満員なので、早めに食べに行きましょう!
デザートも素朴でボリュームがあって激甘です(笑)。


もう一つの「思い出ピザ屋」はまた明日来週!


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.02.23 Friday 12:31 | comments(9) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

求む、普通の喫茶店。


↑ホンのちょっとに間に、すげえ色々考えちゃう…だから、苦手。



こういうどうでもいい瞬間に、スポッと自信が無くなります(笑)。
「あ〜、何でイタリア来たんだろ」とか、「私ってやっぱりイタリアで暮らしていけない」とか、「どうして自分はこんなに臆病な人間なんだろう」とか。


さて、イタリアのBARは好きなんですが、いつもいつも凄く混んでいる所は苦手です。
人垣を掻き分けて注文しなきゃいけないのが非常に苦痛…。
だから、街中から離れた、立って飲んでも座って飲んでも同じ料金の、空いているBARを利用していました。
こういう時、日本スタイルの喫茶店が非常に懐かしくなります。


トラステヴェレには普通のBARとはちょっと違った、喫茶店スタイルのお店がいくつかあります!
落ち着いてのんびりお茶するにはもってこいです!
メニューも通常のBARとは違い、紅茶やホットチョコレートの種類が凄く豊富だったりしますので、是非試してくださいね。



Il Giardino dei Ciliegi−Via dei Fienaroli, 4 (地図No,15)
ローマには珍しいお茶専門店。
もちろんそこでお茶も飲めるし、軽食も食べれます。
店内は落ち着いた雰囲気なので、ゆっくりお茶したい人におススメです。

Latte Cafe − Via S.Francesco a Ripa 100/101(地図No,16 )
本屋&カッフェ屋さんで、ホットチョコレート(Chioccolata)の種類がたくさん!
色んなフレーバーに挑戦してみよう!
ジャズのライブなど、無料の催し物をしょっちゅうやってます。


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.02.22 Thursday 11:50 | comments(6) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

隠れ家的な本屋に惹かれちゃう。

東京にはたくさんあるであろう、いわゆるこじゃれた小さな本屋さん。
ローマにもいくつかありますが、私がよく行った所を紹介したいと思います〜!!!
トラステヴェレの裏路地にあって、入り口はツタで覆われているのでわかりにくいあせあせ
だけどそこがまたイイんです。
また、おしゃれなカフェ・スペースが併設されていて、お得なランチメニューなどが用意されています!



      ●BIBLI−Via dei Fienaroli 28(地図No,3



カフェ・スペースは、曜日や時間によってブッフェ・ランチ・ティータイムなどに分かれています。
こちらのページで確認してみてくださいね。
値段も前もって判るので安心だね!!



↑置いてある本やインテリアにオーナーのセンスがキラリぴかぴかと光っています!




↑子供の本スペースは色とりどり!


↑レストランスペース


↑デザートケーキもあるよ! 


↑中庭スペースまであるんです。


旅行中は主要観光スポット巡りで忙しいでしょうが、たまにはこういう所で一休みも良いんじゃないかなと思います。
音楽イベントなども頻繁にやっているので、HPで確認してみてね!
金・土の夜は、遅くまで盛り上がっています。
…それに「隠れ家的」って所がくすぐられるでしょう〜、ウフフフフ。



↑出口の壁に、掲示板があります。
トラステヴェレのアパート情報などが良く張り出してあるよ!

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.02.19 Monday 10:50 | comments(9) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

鳥のグルグルが。

今日もトラステヴェレ(Trastevere)のおススメスポットを紹介したいと思います!
まずはこちら!


●Da Ivo a Trastevere − Via di S. Francesco a Ripa 158(地図No,4)
衛星写真もいい感じ♪(→こちら
             

こちらはピザもパスタも両方美味しいお店です!
それにお値段も安いので、いつも観光客&地元の人で大賑わい!
歩道にせり出したテラス席で食べるのもGOODです。
おススメパスタはお魚系。
私がいつも食べてたのはペンネのスモークサーモンのクリームソース(Penne al Salmone…PenneじゃなくてRigatoniだったかな?)。
海老のクリームソース・スパゲッティ(Spaghetti ai Gamberi)も美味しかったです。
そして食後のデザートは、おばあちゃんのタルト(Torta della nonna)で決まり。
カスタードクリームたっぷりのタルトです。



↑ウッディな店内


↑食べるぞ〜と言う感じで来て下さいね♪


↑お店のロゴがサッカーマークなんです。
サッカー中継を見ながら食事もできたハズ!
手前のパスタがスモークサーモンのクリームソースです。


↑これはブルスケッタ(Bruschetta)・生ハムのせ。
とにかく大盛りなのですが、最後のデザートまで食べたい!



ああ〜、美味しかった。
このレストランがある通り−Via di San Francesco a Ripa は、トラステヴェレの中心から少し外れますが、面白そうなお店もたくさんあります。
是非行ってみてくださいね!!!
そのほかにこの通りには…以下のお店もあります!


●GERATERIA SICILIANA − Via s.Francesco a Ripa 130
シチリア風ジェラート屋さんで、トッピングがたくさんあって色とりどり!

●Pizzeria Sisini − Via San Francesco a Ripa 137
安くて美味しい切り売りピザ屋さん。
丁度良い紹介ページがあったので、見てみてね! → こちら!






…よくレストランとか、切り売りピッツァ屋さんの店先で回ってるアレ。
そう、鳥の丸ごと焼き。
1羽が4〜6ユーロで売られてるんですが、前述のPizzeria Sisiniでも勢い良くグルグルと回っていらっしゃいます。
どれだけお腹一杯になってても、この前を通る時は「あぁ〜っ揺れるハート」と、言ってしまいます。


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.02.16 Friday 11:58 | comments(10) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

そのヒダヒダに、惚れ惚れ。(地味凄い教会2連発!)

昨日に引き続き、地味だけどすごい教会を紹介したいと思います(笑)。
どのくらい地味かと言うと、ほとんど観光客がいないのです…その周辺も。
確かに、もし私が日本から来た友人を案内するとしたらこの教会は「凄いんだけど、そこまで回ってる暇ないし…まぁ、いいか。」と思って、観光リストからあっさり外してしまうでしょう。

しか〜し!!!
しか〜し、しか〜し!!!!!
もしトラステヴェレに来て時間が余っちまったな〜、とか、ローマはもう行く所無いわ、と言う方は是非行った方が良いです。
それから彫刻をこよなく愛する方ももちろんです!!


まず最初は、サン・フランテェスコ・ア・リーパ教会(San Francesco a Ripa)へ(地図B)。
この教会の奥には、バロック天国ローマを作った立役者、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini)の傑作がヒッソリとあるのです。



(写真提供はグロリオーザさんです! いつも素敵な写真を有難うございます!)


ベルニーニの晩年の傑作、「福者ルドヴィカ・アルベルトーニ(Beata Ludovica Albertoni)」が間近で見れます。
顔の表情も凄いですが、何と言っても洋服のヒダヒダ感。
どうやったらこんなヒダヒダが石で作れるのだろうかと、感心せずにはいられません。



↑凄いなぁ、凄いなぁ。



お次は、サンタ・チェチェリア・イン・トラステヴェレ教会(Santa Cecilia in Trastevere)です。(地図C)



↑均整の取れた中庭。


↑見事なモザイク、天蓋の下には…


この教会が有名なのは、「聖チェチリアの像(Statua di San Cecilia)」があるからです。
聖チェチリアは音楽家の保護の聖人ですが、彼女の遺体が1599年に腐敗していない状態で発見されたそうです。
この彫刻はそれを元に翌年作られた物で、首の所に刀傷がハッキリと。



↑いわゆる「斬首刑」…ひえ〜っ!!!


↑豪華な装飾も見ごたえアリマス!



…さて、地味に凄い教会を見学し終わったら、これまた地味だけど素敵なギャラリーへ。
2番目のサンタ・チェチリア・イン・トラステヴェレ教会の斜め向かいにあるのですが、センス良くセレクトされた本が並び、その奥にはカフェスペースもあります。
さらに地下にはヒッソリとギャラリースペースがあって、随時色々なアーティストの作品展示会が行われています。
ほとんど無料で開催されていますので、ここでちょっと一休みしてはいかが〜?!



       Galleria Santa Cecilia − Piazza di Santa Cecilia 16(地図No,17)








↑入り口は狭いですが、奥へ奥へと素敵な空間が!


この付近は昼間でも人がいない(笑)。
夜に行く場合は、こちらも十分に注意が必要です。
しかし、素敵な裏路地なので、ぜひとも一度は行ってみてくださいね。



↑ツタが絡まる家が多い。素敵!!


↑そして「センス良いじゃん〜、このドア」大賞はこちら。
壁の色とモスグリーンの組み合わせ、文句無しです。

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.02.09 Friday 09:53 | comments(7) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

トラステヴェレと言えば!!(@サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会)

トラステヴェレの中心、もしくは心臓部といえる教会があります。
それが、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会(Santa Maria in Trastevere)です( 地図A)。

こちらの教会は、他の有名な教会よりも内容的に少々地味なのですが(いや、本当は十分素晴らしいのですが、他の教会があまりにも凄すぎるのです…)、この教会の魅力は教会だけではありません。



↑正面ファザードのモザイクと、鐘楼が素晴らしい。


この教会の前に広がる小さな広場、これがまた素晴らしい。
小さい広場なのですが、朝・昼・晩と、とにかく賑わっています。
観光客だけでなく、地元の人も一緒になって楽しそうなんです。

広場にステージを作ってイベントをしたり、大道芸をやっていたりしていて、ほんの少しですが自分がローマ市民の一員になった気分になれます。
こういうのって、他のメジャーな観光スポットじゃイマイチ実感できないのですよ。





広場にある噴水に座って、先にあるレストラン街へ急ぐ人々を眺めるもよし。
そのうちに何処からかアコーディオンの演奏が聞こえてきたり…。
ちょっと疲れたら、これまた地元の人でごった返してるBARに立ち寄るもよし。
(特におススメは、Pizzeria San Callisto の左隣にあるBAR!!!)
…そう、ローマを体感するのに丁度良いサイズなのです。



↑おススメは夜!!! 夕方から深夜までトラステヴェレでぜひ遊んでみて!


広場のにぎやかさとはうって変わって、教会内部は大変静か。
いつも熱心にお祈りを捧げてる人がいるので、そ〜っと邪魔にならないように見学しましょう。
後陣のモザイクはコインを入れて照明をつけないと見れませんが、これも見事です(笑)。
そしてこの教会の特筆すべき点は「かなり遅くまで開いている」と言う所。
夜19:30まで開いてる教会は、そう無いでっせ。
私も何度ここで心を休めに行ったことか…。



↑ローマの教会は素晴らしいモザイク付の所が多くて、得した気分。
(もっとこの教会の写真を見たい人は → こちら!)


レストランに行く前に、是非教会によってみて下さいね♪
ちなみにこの広場の噴水のS.P.Q.R(一番上の写真)が一番お気に入りでやんした、念のため。



↑しかしながら、夜はかなり泥酔した若者がたまにいます。
これはイタリアでは結構珍しいですねぇ。
日本のように、泥酔して寝込む人などめったにいないのですが…。
仲間達とビールを飲んでいるだけで、悪さをする所は見たことがないのですが、噴水の近くは要注意です。



それから、またまたいつの間にか40.000アクセスを超えておりました!!
いつも見に来てくれる皆さん、本当に有難うございます〜!!
そのうちイタリア話が終わったら、他の国の旅行記も書いてみたいものです。
これからも何卒よろしくお願いしますラブ

追伸:Opaさん、Corel Painterのプレゼント、本当に有難うございました〜。
おかげでこんなみっちょんも描ける様になりました!!!

        
        
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.02.08 Thursday 09:55 | comments(4) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 

カボチャのお花を食べてみよう!

ピッツァ(Pizza)を注文する時、あれこれあれこれ迷うのですが、大抵次の2つに収まってしまいます。


Fiori di Zucca(フィオーリ ディ ズッカ)
Capricciosa(カプリチョーザ) 


です。
△漏Г気麥匹ご存知の「カプリチョーザ(=気まぐれ)」で、色々な具をいっぺんに楽しめると言うピザです。
お店によって何を乗せているかは変わってきますがね。



↑ウフフフ。欲張りなので、カプリチョーザ好きなのです。


そして、今回是非皆様におススメしたいのが“屬如△海譴「カボチャの花」のピザです。
凄く地味〜なトッピングなんですけどね…。
あまり私達には食べる習慣が無いですが、これがピリッと苦味があっておいしいのです。
また、このピザはトマトソースがかかってません。
いわゆる「ビアンカ(Bianca=白色)」のピザなんです。
カボチャの花ではなく、ズッキーニの花のところもあるかもしれませんけど、味は似ています。
トマトソースが無いピザも是非一度お試しを!



↑お花、見えますか?


また、このカボチャの花はピザのトッピングだけでなくフライにもされます。
フライの中にはカボチャの花以外にチーズとアンチョビが入っていて、これまた美味しい!!!
ピッツェリアにはピザ以外にもおつまみが用意してあって、ピザの前にそれをつまんだりします。



↑Fiori di zuccaのフライは良く食べました〜。


↑それからピザと言えばビールなのであります。



また、ピッツェリアのメニューは親切で、ピザのトッピングが何か明記してありますから安心です。
(→こんな感じ)
上記以外に、


Salsiccia(サルシッチャ)
サルシッチャというコクのあるソーセージ(ひき肉のように使えるくらい柔らかい)がトッピングされています。
なかなかボリュームがあって食べたら満足することウケアイです!

DiavolaもしくはDiavolo(ディアヴォラ/ロ)
ディアヴォラ/ロとは、魔女とか悪魔と言う意味。
辛いサラミがトッピングされてるからこのネーミングなんだと思います。
でも、口から火を吹くほど辛くありませんのでご安心を!!

Funghi(フンギ)
きのこがビッシリ乗ったピザ。
日本に帰ったらなかなか食べれないから、ここぞとばかりに食べておきましょう〜!


などもおススメです〜。
…そういえば、イタリアのピッツェリアにタバスコなんて置いてないよなぁ〜。
やっぱりそれは邪道なのかしらん。
いずれにせよ、素材そのものの味を味わってくださいな。


ちなみに、私が一番好きだったピッツェリアはこちら!


    ●Pizzeria San Callisto(Piazza San Callistoの一角−地図No,5)



↑店構えは大変小さいですが、地下に洞窟のようなスペースがあります。


↑いつ行っても満員! 


↑この大きさ、凄いです。


↑デザートも素朴で美味しいよん。ちなみに奥がティラミスで、手前がパンナコッタ。
パンナコッタのソースは何とNutellaです。
なんつー、あま〜くてパンチのある……。





胃の心、本人知らず。

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.02.02 Friday 11:02 | comments(5) | trackbacks(0) | ローマ・トラステヴェレ地区 | 
 | 1 / 2 PAGES | >>