<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

忘れてた、トレヴィ。

すっかりボローニャ、ラヴェンナで寄り道しちゃって。
ローマの事、忘れてましたね。
そういえばここも忘れてた、トレヴィの泉(Fontana di Trevi)。







コイン、入れてきましたか?
初めて行った時は、こんな街中にこんなもんが!!と驚いたものです。
デカイのよね、とにかく。
デカすぎて、カメラに収まんないの。




↑一番上に4体並んでる女神像達。
左から「春」・「夏」・「秋」・「冬」の寓意なんだそうな。
秋が一番わかりやすいのは秋かな…ワインのカップを手に持ってます。
遠すぎて肉眼じゃ見えない(泣)。



↑トレヴィ周辺は女の子スリが多いから気をつけよう。
お巡りさんがいつも巡回してくれてるけどね…!





でもねぇ、やっぱりトレヴィの泉は…夜が好き。












トレヴィの泉周辺はいつも騒がしくてしょうがないです。
しかし夜遅めに行ったら、それはそれは美しいです。
でもあんまり女性一人で行かないでね♪
そして、こういう観光スポットど真ん中でお食事をしたい!という方にお勧めのレストラン。



          IL CHIANTI − Via Del Lavatore 81/82A(地図は → こちら!)





↑雰囲気が良いのですよ。


↑ワインも充実…パスタよりも、前菜・肉料理・デザートがお薦めです!!!




↑セクシーポーズをとっているわけではありません堯(゚д゚;)
コインを投げてる瞬間なのよ、念のため。




↑そうそうねぇ、面白い事なんか思い出せないわけよ、そうは言っても。
いっつもハプニングが起こるわけじゃないしねぇ。



トレヴィの泉ねぇ…そうねぇ、特に何も無いわねぇ。
綺麗だったってだけで…イヤ、それで旅行記的にはいいんやよ、普通は。


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.11.12 Monday 12:11 | comments(6) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 

オー マイ エンジェル♪(@サンタ・マリア・デル・ポポロ教会)

ポポロ広場(Piazza del Popoli)の奥にヒッソリとたたずむ教会があります。
その名もサンタ・マリア・デル・ポポロ教会(Santa Maria del Popolo)です(地図No,6)。
名前の通り、聖母マリアに捧げる教会で、建設資金を教民(市民=Popolo)が負担したのです。



↑シンプルな外観。


でも、そもそもこの教会が立てられた理由はネロの悪霊を鎮めるためだとか!
皇帝ネロはピンチョの丘に葬られたのだが、紀元1000年ごろになると夜な夜なそばを通る人を殺すようになった…。

ネロの悪霊なんて一番会いたくね〜!冷や汗

そしてこの教会は小さい割りに大変美しく、美術館並みの名画がそろっています。
特に素晴らしいのはカラバッジョ(Caravaggio)の作品2点です。
教会の一番奥に安置されてますので、ゼヒゼヒごらんあれ!!!

一つは以前の記事でちょっと触れた「聖パウロの回心(Conversione di San Paolo)」。

もう一つは「聖ペテロの逆さ磔(Crocifissione)」です。
この聖ペテロは初代教皇でイエスの一番弟子だった人です。
皇帝ネロに処刑される時に「イエスと同じ磔では恐れ多い」という事で、逆さまに磔になることを自ら望んだのです(涙)。
だから足が上になってるんですね。
聖ペテロのシンボルは鍵ですが、逆さまに磔もシンボルとなります(過去記事は こちら!)。



↑ちょっと見にくいですが、本来はほとんどの絵画がこのように飾られてたわけですからねぇ。
イタリアの画家で有名な人といえば、レオナルド先生・ラファエロ・ミケランジェロですが、「ローマの画家は?」と言えば、この人です。



↑主祭壇の聖母子像、「マドンナ・デル・ポポロ(Madonna del Popolo)」や、ピントゥリッィオ(Pinturicchio)の作品も素晴らしいのです。



↑…それから実は、ここには私が一番好きな「天使(Angelo)像」があるのです。
ローマに天使はあふれていますが、この子が一番好きなんです。
憂いのある表情が好きでねぇ、良く見に行ったものです。
全然関係ないですが、エアロスミスの「エンジェル(Angel)」も大好きです。
ユオアァ〜 マイ エ〜ンジェェ〜ル〜♪(このサイトでちょっぴり視聴できる…)



↑…そうですねぇ、死というものを身近にも感じますねぇ。


と、言うわけで、スペイン広場周辺で買い物疲れした時は是非こちらの教会まで足を伸ばしてみてください。
自分の煩悩で一杯になった頭をちょっと冷やしましょう。



↑目玉絵画はお金(50cか1€硬貨)を入れて照明を当てないと良く見られないことが多い。
こういう時は、お金持ちそうな観光客集団の後ろににじり寄って、コッソリ一緒に見るべし。
…せこいぞ、みっちょん!!!
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.09.01 Friday 11:00 | comments(4) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 

ポポロ広場はドラマチック(@ピンチョの丘)

スペイン広場周辺からずっとショッピングゾーンを北に行くと、ポポロ広場(Piazza del popolo)と呼ばれる大きな広場に突然出ます。
今まで歩いてきた道は建物が迫ってくるような所なので、ここに出た時の開放感と言ったら。
みっちょんが好きな広場No.3でごさいます。
(ちなみにNo.1は当然サン・ピエトロ広場。No.2はロトンダ広場です。)

この広場のアイドルはこちら。
双子教会と呼ばれるサンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会(Santa Maria dei Miracoli−向かって右)とサンタ・マリア・ディ・モンテサント教会(Santa maria di Montesanto−向かって左)です。



↑そっくりに見えますが、微妙に違うのです。
この広場に続く道が、ローマの一大ショッピングゾーンです。
向かって左からバブイーノ通り(Via del Babuino)、コルソ通り(Via del Corso)、リペッタ通り(Via di Ripetta)です。


さて、この広場を見るのに最適なのがピンチョの丘(Monte Pincio)と呼ばれる所。
ポポロ広場の北・向かって右側からこの丘へ続く階段があります(地図No.5)。
もしここに来たのなら、是非この丘に登ってポポロ広場だけでなくローマの町並みを眺めてみてください!!!
(※注 夜に女性一人でここに行くのは絶対に駄目ですよ〜。



↑広場でくつろぐ私達。この日はなぜかPRADAのヨットチームのヨットが展示されていました。
優勝か何かしたのかしらん。


↑ピンチョの丘から眺める普段のポポロ広場。
遠くに見える大きな教会はサン・ピエトロ大聖堂です! 最高!!!


↑そして夕暮れのポポロ広場。
こういう景色を見ると、いつものおふざけミッチョンも真面目に「生きてて良かったなぁ」と思っちゃいます。


↑そして!!! こちらはポポロ広場に集まった人・人・人。
何が行われているかというと、この日はまさにヨハネ・パウロ2世の葬儀の日で、広場に大きなスクリーンが設置されて葬儀の模様を中継してました。
皆でその死を悼んでいるのです。


と、このように大事なことが起こったらローマの人々はここに集まってきます。
さすがポポロ(Popolo)=市民と名がつくだけの事はあります。
ちなみに大晦日の夜もこの広場は大騒ぎとなります。

かつてはローマにやってきた巡礼者達がローマに初めて足を踏み入れる場所だったポポロ広場。
広場の北にあるポポロ門をくぐって目にしたこの広場に感激したに違いないと思うのです。
そういうわけで、ポポロ広場は今も昔もドラマティック




,海海縫蹇璽泙僕茲人Э佑鯱△譴討る時は、必ずコルソ通りを通ってきます。
そんで、ポポロ広場に入ってからは後ろを振り向かないように広場中央まで行ってもらいます。


中央に来たら、くるっと後ろを振り返ってもらって…。



友人が驚いた時が、みっちょん至福の時


コルソ通り側から来ると、双子教会のちょこんと並んでる様子がすぐにわからないのです。
このやり方、おススメです。
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.08.31 Thursday 11:06 | comments(7) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 

食いしん坊は何処に行っても食いしん坊なのだ。(@Gusto)

ローマの中心街(Centro)でウロウロしていると、とにかく疲れるし(←それは私が田舎物だからであろう)、お腹もすいてくる。
でも、この中心街でご飯を食べるとなると、チト悩む。

何でかというと、中心街は何でも割高だからだ。
それに店がありすぎて何処が美味しいのかわかんない。
せっかくローマに来たんだから美味しいもの食べたいじゃん〜…。

そんな時私がよく行ったのがココ。


 Il Gusto地図No,3
   Piazza Augusto Imperatore 9(レストラン・ピッツェリア・キッチン雑貨・エノテカスペースの入り口)
   Via della Frezza 16(ワインバーの入り口)
   Tel: 06 3226273


HPを見ていただければお解りかと思うが、ココはナント大型複合レストランなのだ。
一階のピッツェリア、中二階のレストラン、一階奥のワインバーなど各サロンが隣り合わせで一見ひとつのレストランのようなのですが、メニューは異なっているのです。
だから入り口も二つ。
面白いでしょう?



↑ピッツェリアスペース。内装もかなりイケテル。
HPにある「FOTO(写真)」はインテリア好き必見。

そしてココはランチタイムには「ビュッフェサービス」があるのです。
はぁ〜ん?
ビュッフェとか言ってるけど、ようは食い放題じゃね〜か
入り口で「ビュッフェ」と言えば、係りの人が案内してくれます。
お値段は確か一人8ユーロで飲み物別です。
肝心のお味はどうかというと、まぁ、そこそこ美味しいです。
ローマの郷土料理系希望の方は止めておいた方がいいかも。
大事なのはローマでは珍しい「こじゃれた食べ放題」って事なのです。



↑色とりどりの料理。ちなみに写真のお尻の大きい女がみっちょんです(←自爆)。


↑もちろんおかわり自由!


↑う〜ん、真似したいインテリア。


↑ココが表のピッツェリアと裏のワインバーをつなぐ廊下。


さて、裏側のワインバーはどうかと言うと、ココもかなりお得です。
カクテルやワインが5ユーロほどで飲め(生ビールだと3.5ユーロほど)、そしておつまみがカウンターに用意されていてこれも食べ放題。
さらに毎月Jazz生演奏がプログラムされていたりして、至れり尽くせりなんです。



↑細長いスペース。


↑可愛いテーブルで軽く1杯!


それからキッチン雑貨店なんかあっちゃったりして。
まぁ、最近は東京もキッチン雑貨天国ですからね、無理してココで買わなくても良いかもしれません。
が、自分のお気に入りのものに出会える確率は高いです!
キッチン雑貨の上がエノテカにつながっています。



↑イタリアに行く前に自分が欲しいキッチン雑貨が日本でいくら位してるかチェックすべし!!!!


↑こうしてローマの夜は更けていく!


こちらのお店、人気店なので早めのご利用をおススメします。



↑時間制限はありませんので、このようにがっつく必要はありません、念のため。
レストランは利用したことが無いので、いつか一緒に気取って行ってくれる人求む。
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.08.29 Tuesday 10:36 | comments(8) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 

スポーツ用品好きに愛をこめて

私はわりとNIKEとかADIDASとかのTシャツとかも好きだし、もちろん他のスポーツ用品ブランドの靴やバックなども、一般の洋服に比べるとホイホイ買ってしまいます。

何と言うか……、好きなんです。

本当は女性らしい格好にあこがれているはずなのに!!!
その原因は、どうもみっちょんの「ロゴ好き」にあるのです。
…そう、PUMAもLe coq sportifもUMBROLOTTOも何て可愛いロゴなんでしょう…。
どこが可愛いのかわからない人もいらっしゃるでしょうが、スポーツ用品好きの人はわかってくれるに違いありません。
しかし、Ellesseだけは駄目です…。
これも賛同する人多数と見た!!!



↑Lottoのエナメルバック。別に野球少年じゃないけど買っちゃった…。


さて、そんなスポーツ用品好きの人に捧げるイタリアのブランドがこちら。


      INVICTA−Via del Babuino 27(地図No,4)
           Tel 06 3600 1737

※2007年10月 ふじこさんより、ここの店が無くなっていたとの報告が…ショック!
               移転先があるのであれば、情報求む!



1906年創業のイタリアのバッグメーカーです。カラフルな色使いやイタリアらしいデザインのリュックが人気ですが、それ以外にもウィンター用品やスクールカバンなど多数販売しています。
HPの「Prodotti」の項目にそれぞれ「Borse(バック)・「Neve(雪→冬用のこと)」・「Scoula(学校)」とありますので、是非一度見てみてください。
Invicitaのロゴも可愛いんっす〜♪



↑みっちょんご購入のリュック。背の部分のパッドもしっかり入ってるし、使いやすい。


↑登山中のみっちょん。Invictaのリュックを使いたくて登山に行ったようなもの??!!
下に着てるのはKappaのシャツ。


…ただし正直な所、リュックの場合は中国製の商品が多いので、せっかくイタリアで買ったのに、実は中国製か〜とガッカリしてしまわないように注意してくださいね。
(しかし、最近は中国製の商品じゃないスポーツ用品を探す方が難しいですが)
というわけで、これもセール期間中のご購入をおススメします。
それならお値段的にも納得です!!!



↑私はInvictaの回し者ではありません、念のため。
イタリアの若者のInvicta率は高いです。
昔のデザインの方が、エキセントリックな柄が多くてよかったなぁ。
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.08.25 Friday 12:09 | comments(8) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 

郷に入れば郷に従え 美容版

イタリアに留学している間、日本から持って来た化粧水や乳液などが無くなっちゃったら、さてどうしよう。
やっぱりイタリアの化粧品を使うしかないのでしょうか?

ハタマタ???

他の皆さんがどうしていたのかはわからないのですが、みっちょんはあっさり「イタリア製」にチェンジしてしまいました。
せっかくイタリアに来たんだし、郷に入っては郷に従えって事で。
成分表示に何が書いてあるのか良くわからなかったりして少々不安ではありましたが、丁度お手ごろで「The Body shop イタリア版」のようなイタリアブランドを見つけたので皆さんにも紹介したいと思います。


  Bottega Verde−Via del Babuino,N.51/A(地図No,2)
            Tel 06-3218162


イタリアの自然派化粧品ブランドです。
ここのHPを見てもらえばお解りかと思いますが、値段も安いんですよね。
しかも常に特売品を店で販売しているので、お目当ての商品が安く手に入ったりしちゃいます。
私がよく行ったのは、昨日の記事で紹介したTADの前にあるお店。
店内はいたって入りやすいし、最初に声をかけられるくらいで、じっくりと1人で見て廻れます。
もちろん私は電子辞書を引きながら商品を探しました!
確かテルミニ駅の地下にも支店があったと思いますので、イタリアコスメに興味がある人は是非お店を覗いてみてください〜!



↑これはビタミンE(Vitamina E)入りの化粧水(Tonico)
使い心地も良かったです。


↑小じわ防止のナイトクリーム。ブドウのポリフェノール入りだとか。面白い!



↑イタリア人になりますか、それとも日本人止めますか。
どっちもどっちやん。
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.08.24 Thursday 09:00 | comments(11) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 

みっちょん、ため息をつく。(@インテリアショップ TAD)

私は割りと買い物には慎重な方だ(←たんにケチとも言う…)。
特に洋服なんかは、なかなか買わない。
「うお〜、これイイ〜!!」と思っても、その場で一発で買うということはまず無い。
とにかく他のところをウロウロ見て廻ってから、やっとこさ買うといった感じだ。

でも、インテリア物に関してはそのブレーキがうまくかからないのだ。
一目ぼれしてしまったものは何とかして買おうとしてしまう。
今まで家具に費やした金額はいったいいくらになることやら…。
他のことにお金かけりゃいいのにねぇ…。



↑ちなみにこの部屋で毎日ブログ更新中。
赤い椅子はイームズのワイヤーチェアーで、大好きな椅子の一つ。
他にも買いたい椅子、多数あり。


そんなみっちょんが、インテリアの本場イタリアに行ったもんだから、さあ大変。
目に飛び込むもの全部が「ぐおお〜、欲しい〜っっ!!!!」なのである。
はっきり言って目に毒だ。
ローマなんてミラノに比べたら全然インテリアショップの数も少ないのに、この有様。
ミラノに行った日にゃ、もだえ死に確実かもしれない。

そんなみっちょんがどうしても買いたくて買いたくてたまらない物を見つけてしまった。
それを見つけたお店は、ローマの中で一番旬のインテリアが見れるところだ。

    
     TAD− Via Del Babuino 155a (地図No,1)
        Tel 0632695122


場所はスペイン広場とポポロ広場(Piazza del popolo)を結ぶバフィーノ通りにある。
(この通りももちろん高級ブランド品の店が目白押しで、歩いてるだけで目の保養になる。)
インテリアの他にも、切花や香水、洋服なども扱っていて、しかもカフェスペースがあったりする。
ちょっと「東京・青山のインテリアショップ」っぽい。
置いてある商品の内容はさておき(好みがありますからねぇ)、参考になるのはディスプレイの仕方である。



↑個性的な入り口


↑定期的に入れ替わる店内。私がいたときは丁度「和」ブーム。


さて、この店でみっちょんは何を見つけたかというと…
ブレラ美術学校(←ミラノで有名)の生徒さんの作品を特別展示していたのである。





可愛い絵でしょう〜!!
トスカーナの田舎の風景かなぁ?
店員さんに聞くと、これも販売できるらしい!!!
うぉ〜、買うしかないってば〜!

でもね、これ、…タイルなの…7cm角ほどの…。
そして、この一枚で…お値段130ユーロ!!!

だってさー、色合いがとっても可愛かったんだもん。
それにどちらかというと「商品」じゃなくて「作品」だしさー、いつかこの生徒さんが有名になったら価値がもっと上がるかも知れないシ〜!!!
自分が将来、家を建てたらどこかにはめ込んで使えるシ〜!!!
…もちろん、そんな予定は今のところ全然不明だけど。

それに〜、店員さんも「これは世界でたった1枚のタイルよ! これを買うなんてすごいわ!」って褒めてくれたシ〜。
…「タイル一枚に大枚はたく変な子」って思われてるかもしれないけど。

…と、まあ、こんな具合なのだ。
みっちょんがインテリア商品に一目ぼれしてしまうと、こういう事態に良く陥ってしまうので、大変危険だ。
このタイルを買ってしまった後、激しく反省したのは言うまでもない。



↑タイル買ったところで私の留学生活に役立つことは一切無し。
…っていうか、今もだよ。
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.08.23 Wednesday 09:59 | comments(7) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 

コンドッティ通りは今日も明日も「混んどッティ」。

ローマと言えば、スペイン広場(Piazza di Spagna)。
「ローマに行っておいて、ここに行かないでどうする!!!」的な場所なのですが、私は初めてローマに来た時に、ここを訪れずに帰国しているのです(→過去記事は こちら!

ですから、今回の留学で初めてここを訪れることができたので、大変嬉しかったです。
訪れるのなら5〜6月が良いでしょう!
どうしてかと言うと、階段に花壇が作られ「花盛り」になるのです。





↑階段で休むも良し。ただし日焼けし放題。


また、この広場から続く階段を登りきると、とても美しい町並みを見ることができます。
特に夕方は綺麗ですねぇ。
(でも、この階段とかはフランス人が作ったのに、スペイン広場とかスペイン階段って名前がついちゃって残念だろうなぁ。)





…まぁ、綺麗なことは綺麗なんだけど、みっちょんはあまりここが好きではない。
なぜかと言うと、

   ●いつもいつもいつも人が多すぎるから
   ●気軽に入れる店が周辺に少ないから
   ●声をかけてくる、変な奴がうろついてるから
   ●最寄の交通機関が地下鉄しかないから(できればここの駅は利用したくない)
   ●いつも「スペイン坂」と言ってしまうから(←?)

と、いう理由になります。
まっ、しょうがないけどさ。

そして、この広場の目の前一帯が、有名ブランドのショッピングゾーンとなっています。
一番有名なのが「コンドッティ通り(Via Condotti)」。
もちろんローマに旅行に来た私の友人達もここに連れて行きます。
…が、そこで友人達に特に喜ばれたのが、Gucciでもなく、Pradaでもなく、Bottega Veneta(これはコンドッティ通りに店は無いですが)でもなく…

    
    カンペール(Camper)!!!


でしたっ!!!
何でもここの靴は日本じゃ倍はするんだそうな。
「おいおい、ここのメーカーってスペインじゃないの?」と思ったそこのアナタ!!!!
そんなことはどうでもイ〜んです。
そういうことを買い物に燃えている女性に言ってもしょうがないのデース。
私的には、この店は待ち合わせするのに丁度。
いつも言ったものです、「それじゃぁ、Camperの前で待ち合わせね〜!」と。
そして各々がお目当ての店に買い物をしに行くのでした。

ちなみにみっちょんの一番好きなイタリア高級ブランドは「Dolce&Gabbana」です。
特にドルガバのコート類は好きですねぇ。
その次は「Maxmara」のスーツかな?
とは言っても、なかなか買えませんけどね!

上記のカンペール以下の3店は、数あるブランド店の中でも「店に入りやすい」方…。
それ以外の店は、なかなか敷居が高くて入りづらいのが現状です。
特に「ブルガリ(Bulgari)」は入りにくかったですねぇ。
ローマの店が本店なんですけど、自分の服装もヨレヨレですしね…。
宝飾品を買いそうなカッコなんて、なかなか貧乏学生には無理な話ですし、実際に買えやしない。
じゃあ、みっちょんは何しにブルガリに入ったのか???
そりゃ〜アナタ、


    時計の電池を変えに


ですよ。
みっちょんが唯一持っている時計がブルガリのアルミニウムと言うシリーズで、ブルガリの時計の中でも安い方なんですけどね、この電池(Pila o Batteria)が切れたんです。
そんならブルガリ本店で電池交換してもらった方がイイに決まってるじゃないですか!!!
ブルガリ本店は、宝飾品がズラーッと並べられていて、美術館みたいでした。
店の人もバッチリスーツで決めてるし、みっちょんの場違い度は120%越えでしたが…
こちらは何てったって、用があるのよ〜、オッホッホッホッ!!!!



↑サロンみたいな部屋に通されて待つこと10分


うやうやしく宝石を置く台(?)に乗せられて、みっちょんの時計は無事に電池交換されて帰って来たのでした。
ちなみに電池・交換代が25ユーロ。
高いのか安いのか全然わかりません!!!!

もし、ブランド品の時計の電池が切れてしまったら、そのままにしておきましょう。
そうすれば現地で「入りにくい店に入る口実」ができます。

  
     どうせ電池を換えるなら、本店で!!!


これ、おススメです。


↑「いや、そんな、マダムなんて呼ばれる身分じゃないっすから。」
と、いつも自分をさげずんでしまうので、ドアマン制度反対!!!
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.08.22 Tuesday 10:32 | comments(4) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 

スペイン広場・トレヴィの泉周辺の地図





1番−TAD
2番−Bottega Verde
3番−Gusto
4番−Invicta
5番−ピンチョの丘
6番−サンタ・マリア・デル・ポポロ教会
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2005.06.02 Thursday 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ローマ・スペイン広場地区 | 
 | 1 / 1 PAGES |