<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

ローマで聞いた、不思議なバイト。巻

私はもともと留学資金をしっかり貯めてから行ったので、ローマで何らかのバイトをしないとやっていけないとかいう状況は無かったのね。
それに外国人が海外で働くというのには、それはもう大変な労力を使うだろうというのは容易に想像出来たし(ビザ面、待遇面、語学面とかね)。
だから働く気はまったく無かったわけで。

さて、そんな私が聞いたのが、ローマでのバイトのお話。
短期も短期、ほんの2.3時間のバイトとの事。

どんなバイトかというと…。
それがですねぇ、摩訶不思議なバイト、「ブランド品の買い付け」でやんす。
バイトのお話を持ってきてくれたのは、日本でブランド品を販売する会社の人。
その人自身、何度もイタリアに来てはブランド品を買い付けるのですが、それじゃあ量が足りない。
そこで、留学して暇な学生に声をかけるわけです。

このブランド品販売業者さんは、日本人が集まる安宿などで、ブランドの買い付けを手伝ってくれる日本人を探したりしてたみたいです。
その方法は、なんとも驚くべきもの。

いったんカフェなどで集合して、業者の人から買ってきて欲しいブランド品の商品の説明を受けます。
品番などをしっかりチェックして、それ以外のものを買わないように確認します。
そして、なんと!!! 現金をボン!!!と渡して、「これで買ってきてください」と言う訳です。
その金額はすごいですよ。 2〜30万くらい渡されるそうです。
身元確認もそこそこに大金を渡しちゃうんだとか。
私はそれを聞いたとき、とてもビックリしました。

そして業者さんの一番のお目当てはの「ルイ・ヴィトン」!!!
イタリアブランドじゃないのかい?!と、ツッコミたいですねぇ(笑)。
なぜかと言うと、ヴィトンはお客さんが買える個数を制限していて(業者はもちろん店では買えない)、大量買いをさせないようにしているそう。
だから業者さんにしてみれば、いろんな人に少しずつ、最大限にヴィトンを買って来てもらわないと、数が足りなくなるわけです。

なんでも日本人は、なぜかヴィトンが大好きらしく、とにかく売れるんだってさ〜。
だからバイト代を払っても良いからヴィトンを手に入れたいんだって。
飛行機代使って、現地で正規の値段で買って、バイト代払って、輸送代払っても、日本のヴィトンの正規店で売るよりも安く売れるんだとか。
…そして、こんな風に安く売っても利益が出るっつうんだから…。
これを摩訶不思議と言わずして何と言うのか( ̄口 ̄;)
しかもローマで…。

バイトさん達は、いかにヴィトンの店で多くの指定された商品を買うかでバイト代が違ってきます。
バイト代は買い付け額の3%(多分)と決まっていて、ヴィトンの商品を数多く買えば買うほどバイト代が上がるって訳。
買った商品は、カフェで待ってる業者さんにそのまま渡して終了になるんだとか。

う〜ん、これってやってはいけない事なのかな?
やり取りは現金のみだし、他人名義のカードで買うわけでもないし。
それに、商品を買った留学生が、その商品を自分で日本に持って帰る訳でもないし(実際に持って帰るのは、もちろん業者の人)。
私の知ってる子は一回で20〜30ユーロもらったみたいです。
でもやっぱり怪しさは残ります。
帰国後、そういう買い付けツアーなるものが日本からあって、詐欺に合った話とかを聞いた時、私の知ってる子達がそれに巻き込まれなくて良かったと思いました。





↑一度に大量の商品を買うなんて、想像しただけでも恐ろしい!
やるとしたら、こんな風に架空の家族を作って買うしかない?!




そんなにヴィトンって良いのかなぁ…。
私はブランド品が嫌いではないし、実際にプラダとかドルガバは好きなんだけどね。
でも自分は、イタリアとかに行った時じゃないと買わないです。
こういうのって、現地で自分で買った方が、より商品に愛着が湧くんじゃないかと思うんだけどなぁ…。




JUGEMテーマ:イタリア

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2008.03.21 Friday 11:02 | comments(6) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

猫はどうやって…?(@素敵なお宅拝見 パート)

ハイ、もう少し私のインテリア熱にお付き合いくださいよ。
今回はオーナーが学校の先生をしている、一人暮らしの年配女性のお宅です。
こちらのお宅は、昔の建具とかをできる限り残しているんだそうで、かなりロマンチックで素敵でした!!



↑ちっちゃいけど、素敵なキッチン。
ひょっとしたらこれぐらいのキッチンで案外行けるのかもね。


↑小さいテラスに面してるガラス扉。
このステンドグラスも古いものなんだって。
大抵はアパートメントを購入したら、自分達の思うように新しく改装をしてしまうそう。
でもやっぱり、古くても良い物は残さなきゃね!!!


↑ダイニングテーブルの上にあった、アンティークガラスのランプ。
多くのイタリア家庭で言えることですが、とにかく「夜は明かりが暗め」です。
いっつも「良くこんな明かりで夜に本が読めるなぁ…。」と思っておりました。


↑飼い猫ちゃん。人懐っこくて可愛かった。
オーナーが家を空けることが多い。
だから、この子の面倒を見てもらう為にも、下宿人が必要なんだろうなぁ。


↑年季の入ったバスルーム(笑)。


↑青いタイルは、この凸凹感が逆に良い。


↑このねぇ、壁の奥行きを利用して本棚を作るって奴、私もやってみたいのよ。
でもこんなにたくさん本は無いんだけどね。


↑オーナーの部屋はキッチンの一続きになってる。
さり気なくおかれた写真は自分の若い頃の写真じゃないかなぁ。


↑こちらが下宿人の部屋。手作り感溢れるロフトスペースが素敵。
もともとオーナーの子供の部屋だったみたい。


↑こういう部屋で育ったら、そりゃ自然とインテリアセンス良くなるよね。


↑布をかけただけの古いソファーなんだけど、これも魅力!


↑何やら難しそうな本がたくさん。
でも素敵なインテリアの一部になってる〜。




それにしても、ローマの飼い猫ちゃんたちは大抵アパートメント住まいだから…。
(街中で一軒家で庭付きなんて、まず無い。)

外にでることなく一生を終わるんだろうか。
アパートメントで猫を飼うときって、外に出せないよねぇ。
犬はお散歩に連れてってもらえるからいいけど…。

あ、でも交通事故に遭わなくてすむし。
猫嫌いなご近所さんに迷惑をかけることも無いから…それはそれでいいのか……。
う〜ん、難しいねぇ。





↑この床も超萌え萌えポイントです ヽ(;´Д`)ノ
いやねえ、奥さん。
今、日本でこれと同じ床で家を建てようと思ってごらんなさいな。
そりゃもう値段が高くて高くて、とってもじゃないけど、なかなかできないザンスよ。





20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.12.19 Wednesday 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

私の中で、ただいま再燃中。(@素敵なお宅拝見 パート)

ローマで留学するとなると、どうしてもどこかのお宅にステイさせてもらう事になる。
そのステイ先は当たりハズレがもちろんあるんだが、そういった事はとりあえず置いといて、インテリアが素敵なお宅が多い。

建物自体が年代物の場合が多いので、必然的にオシャレになるんだろうけど。
しかし、もちろん新しく建ったアパートメントの場合でもオシャレに暮らしている。
さすがインテリア王国、イタリア!!!…と言っておこう。
と、言うわけで、私がお邪魔したオシャレなお宅を今回はご紹介。




↑若いカップルのアパートメント。
学校のお友達のステイ先です。
壁を自分達の好みの色に塗ってるんだなぁ…ナイス!!!
日本の賃貸では難しい。


↑こういうたいていこんな感じのゴッツイ鍵がついています。
もちろんオートロック。
インキーしたら一巻の終わりですぜ〜\(´×`)/
それにしてもこの無骨な金具、カッコイイ…このドアの感じと言い…。
私の超萌え萌えポイントです…たまらんわ〜…ハアハア ヽ(;´Д`)ノ
日本で手に入らないかしらん。


↑ちょっと寒々しい感じもするリビング。
名作椅子をさり気なく置いてます。


↑廊下の壁も可愛らしくペイントしてます。
そのくせインパクトの強いポスターを飾ったりして。
メリハリが上手いわよね。


↑キッチンも自分たちらしくカスタマイズ。
インテリア雑誌とかでよく見る、ピカピカのシステムキッチンに何にも余分な物が無いような台所よりも、こういった雑然とした感じの台所の方が好きです。
雑然としてるんだけど、センス良い。



ココのアパートの住み心地はどうだったかと言うと…。
友達曰く、


「オーナーカップルが常に家にいて(どうも在宅で仕事をしていたらしい)、友達とかもしょっちゅう来て、おまけに常に台所にたむろしていて…。なかなか自分が台所を使えないのよ。使わせてって言えば良いんだけど…。大変居心地が悪いと言うか、気を使うと言うか…。」


とのことでした。
イヤハヤ、難しいですなぁ。
よそ様のお宅にお邪魔するわけですから、ある程度の事は我慢しないとダメですよね、やっぱり。





↑ただいま、インテリア熱、再燃中。



買っちまいました、アンティーク家具を。
横幅180センチのビックな可愛いガラスのショーケースを。
オカンに「そんな大きなもんをまた買って……どうするの!!!!!」と叱咤されました。
ああ…家族の理解がえられなくてもいい…アンティーク家具さえあれば…。

それにしても、家具に使うお金をおしゃれ代にまわしゃ良いんだけどね。
どうしてもこっちにお金を注ぎ込んじゃうんだよなぁ〜。
皆さんもそんな収集癖ありますか?





20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.12.17 Monday 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

こんな日もあるさ(@その一言がいえなくて編)


(こんな日もあるさシリーズ → こちら)




「ちょっと、すみません…(Senta Scusi)、これの赤色ありますか?」の一言すら言えなくて。
自分の語学力にトコトン自信がなくなった時は、こんな感じでした(笑)。
…と言うか、日本でもたまにそうですが(>ω<;)




JUGEMテーマ:イタリア


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.12.10 Monday 11:24 | comments(4) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

ローマを懐かしむ会を開催中。





場所は何となく分かってるんだけど、店の名前が分からん。
そんなんばっかりで。

ローマにいる当時は、そう言うのを全然気にしてないから…。
後で困るんだよ〜、後で。

ブログではあまりあやふやな情報を載せると、皆に迷惑がかかりますからね。
紹介したいんだけど、肝心な所がハッキリしないって言う事が多かったりしたりして…。
ローマを懐かしもうにも、どんどん記憶が薄れちゃってるんだな、これが。

やっぱりここいらでもう一度、ドカンとローマに行っとかないと、ヤバイかねぇ、どうかねぇ…。
そのうちローマにいた事が夢だったかのように感じるのかしらねぇ…って…。
それだけは避けたい!!!



追伸:
Sちゃんは頻繁にイタリアに行くんだけど、チケットを買う時によく利用するのが、このサイトなんだって!!

    
         格安航空券・ツアー検索 → トラベルコ


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.08.25 Saturday 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

見てくれ、私の成長を!!!



↑大人の階段、登る〜♪



おいおい、そう言う遠慮はしちゃあかんぜよ。
涙無しでは語れない、オカンとの一コマ。
…といっても、今現在は、すっかり子供に戻ってますが。

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.04.26 Thursday 12:51 | comments(6) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

オカン、ローマを観光…???

うちのオカンは、初めてのイタリア、ローマだったわけなのですが…。
…オカンが来る1週間ほど前から、ヨハネ・パウロ2世の様態がかんばしくないという事で、ローマ中が騒然となっておりました。

ヨハネ・パウロ2世がみんなの祈りも空しく亡くなった時、すでに予感はしていたのです。
「ああ…、オカン……とんでもない時にローマ来るなぁ…。」と。

そして、オカンがローマにやって来たのはヨハネ・パウロ2世の葬式(Funerale ♂)の前日。
唯一のローマ観光日が、葬式当日!!!と相成ったわけです。



↑ヴァチカンを取り囲む軍の皆様。サン・ピエトロ広場にも行けない…。


そりゃもう、ヴァチカンあげて、いや、イタリアあげての葬式ですからね。
ローマはその日一日マヒしてました。
バスはもちろん路線を滅茶苦茶に走るし。
一番痛かったのが、ほとんどの美術館、観光の目玉の完全閉鎖!!!!

ああ…オカンにミケランジェロのピエタ像と最後の審判を見せたかったん…。
パ、パンテオンも閉まってやがる〜っっ!!!
でも…しょうがないです、こればっかりは。



↑なぜかオカンと私は警備をスルー。
葬式が始まるのを待つ群衆で一杯の、広場前の道まで行けました。


↑人に潰されそうなオカン。後には報道陣のやぐらが立ってます。
これ以上はどうにも前に進めず、諦めました。



こういう時、頼りになるのがコロッセオとフォロ・ロマーノ周辺などの遺跡群。
これは中に入場できなくても周りから見れますからね…。
あ、それからレストランとかは結構ちゃんと開いていたので、これも助かった。



↑頼りになるよ、コロッセオ君。


↑こちらは葬式当日のポポロ広場。観光してる場合じゃありません…。


↑町中に貼られたポスター。日本語に訳すと「神よ」と言った所でしょうか。
剥がして持って帰りたかった…(TдT)。


正直言うと、教皇の葬式なんてなかなか見れるものではないので、ヴァチカンにずっといたかったのですが…。
そこはそれ。
はやりその時の私にとっては、せっかくイタリアまで来たオカンにローマを何とか味わってもらう方が大事だったわけで…。
オカン、できれば今度は葬式じゃない日を選んでローマに来ようよ…って無理か。





ほら、オカン、これがかの有名なカエサルの像だよ……、え、よく知らない??
それじゃあ、ここがスペイン広場だよ〜…オードリーがさぁ、アイスクリーム食べてたじゃん、ここで……。
え、えええ映画を見てない???Σ(゚△゚;)……そっかぁ、そっかぁ…。
あはははははははは。


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.04.23 Monday 09:46 | comments(2) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

ようこそ、ローマへ!!(Benvenuta a Roma!!)


↑いや、あまりにも想像通りにゲッソリしてたから…。



うちのオカンがローマにやって来た!
しかも一人で…。
英語もろくにしゃべれんのに、よう来たねぇ。

本当は姉と一緒に来る予定だったのですが、姉が突然来られなくなったので、一人でイタリアに行く羽目になったのです。
私はのん気に空港でオカンを出迎えたのですが、当の本人はさすがにゲッソリしてましたなぁ…アハハハハ。

いやいや、大笑いしたのは、会えて嬉しいのを照れ隠ししたのですよ〜。
この時は半年ぶりの再会でした!!
ローマで再会なんて、変な感じでしたねぇ…。

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.04.20 Friday 10:00 | comments(7) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

そして、あの人がやってきた。




心にしみる、旅行中に受けた親切。
スキポール空港で、荷物を持って一緒にゲートを探してくれたお兄さん達に、この場を借りてお礼が言いたいと本人が言っておりまする。

さてさて、いよいよローマにこの(↑)人が上陸。
一体どうなることやら???



P.S すみません、ここ数日は用事があって、予定通りの更新が出来てません。
明日は更新お休みで、次回は金曜日になります〜!

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.04.18 Wednesday 11:40 | comments(4) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 

みっちょん、新聞に載る…の巻


↑事件に巻き込まれて載ったんじゃなくて良かった…。



今日16日は、現ローマ教皇のベネディクト16世(Benedictus XVI)の80歳のお誕生日だそうです。
昨日ローマでは、教皇による日曜礼拝が行われたそうで、大変な人出だったとか。
しかし、現教皇は人気が低迷ぎみらしく…(そのニュースは → こちら)。


私がイタリアにいた頃は、ヨハネ・パウロ2世(Giovanni Paolo II)が教皇だったのですが、私がのん気にアッシジに観光に行っている頃、ヨハネ・パウロ2世の様態が悪化。

その影響で、バチカンの周辺にはヨハネ・パウロ2世の回復を祈る人や報道陣が大挙して押しかけ、騒然とした雰囲気になっていました。
ヨハネ・パウロ2世は大変な人気者でしたから、老若男女、様々な国籍の人がサン・ピエトロ広場に来て祈りを捧げていました。

と、いうわけで、私も丁度その頃、サン・ピエトロ広場をウロウロしていたのです。
そこであのような取材を受けたのでありました。



↑これがその時友人が見つけてくれた記事だったのですが、たぶんRepubblicaじゃなかったかなぁ。


(訳)"彼のためにブッダに祈ります"
みっちょん、○歳、イタリアに語学勉強に来て6ヶ月。
「私は仏教徒ですが、ヨハネ・パウロ2世はとても好ましく思ってまして、彼のために祈りにやって来ました。日本では彼の多くの活躍を耳にしていました。例えば、アメリカに反対して、イラク戦争の開戦を回避する努力をしたり…。」


この記事を見ると、私がたいそうイタリア語が達者なような印象を受けるかと思いますが、そんなことはありません(笑)。
あきらかに記者の人達が、私のへなちょこイタリア語を正式なイタリア語に翻訳してくれています(´△`;)
確かに上記のようなことは言いましたが、こんな立派なイタリア語は断固として喋っておりませぬ。
これって…、ある意味、捏造記事???

…しかし…良かった…、少しでもヨハネ・パウロ2世のことを知っていて…。
あの時「え〜っ、そうなんですか〜、ヨハネ・パウロ2世って誰ですか?」的な、お間抜けな発言をしなくてすんで…。

些細なことだけど、日本人の印象が良くなるコメントをすることが出来たのではないかと思うのでやんす。
それにしても、これも良いイタリアの思い出ですわ〜。
みっちょん、グッジョブ(Buon lavoro)!?

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.04.16 Monday 12:22 | comments(9) | trackbacks(0) | ローマ・みっちょんの生活 | 
 | 1 / 4 PAGES | >>