<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 老年パワー、大爆発!!!(@正倉院展・東大寺) | main | 三笠焼きとドラ○もんの関係(@奈良を食べ歩き!!の巻き) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

日本最高のスーパーモデルを見逃すな!(@法隆寺・百済観音像)

柿食えば〜 鐘が鳴るなり 法隆寺ィ〜

私が法隆寺を訪れていた正午には、柿を食べなくても鐘が鳴っていました!
何だか得した気分!

法隆寺に行くのには3つの目的があります。
一つは世界最古の木造建築を拝んでくること(ある意味、建築好きの聖地かも?)。
一つは今なお激賞されて止まない飛鳥時代の仏像達を見てくること。
一つは法隆寺全体がかもしだす不思議な雰囲気を味わうこと(法隆寺内は絶対何か結界のような物が張ってあると思うんです)。



 
えへへ、笑いが止まりませんぜ〜
(…ちなみにこのゲリラのような女はみっちょんです)

 
現代ではもう作ることができないと言われるくらいの技術力で作られています。

 
1300年前の代物とは思えません! 美しい木肌

 
聖霊院で書いてもらったご朱印です。壁に飾ろうっと。

 
夢殿で、聖徳太子の等身像とされる救世観音も拝観できました! 

 
聖徳太子の筆跡だと言われている「夢」お守り! 



上の夢殿では聖徳太子が瞑想にふけったそうな。
「日出ずる処の天子、書を日の没する処の天子に致す」と書き、中国の大帝国・隋の皇帝を激怒させたこの有名な言葉もここで考えたのでしょうかねぇ?
実は、イタリア語の辞書で「日本」と調べると、「Giappone」以外に「Il Sol Levante」(日出ずる国)とも書かれているのですよ。
素敵ですねぇ…、聖徳太子とは関係ないかもしれませんが、古代歴史ロマンにワクワクします。


しかし、何と言ってもコチラの仏像を皆様にも知って欲しいのです。
それが「百済観音像」です。
スーパーモデル顔負けのスラリとした八頭身美人?です。
しかもこの仏像、一体どういう目的で、どこから来たのか謎なんだそうで。
聖徳太子事態が「本当に実在したのかどうか?」などと言われていますが、ダヴィンチ・コードも真っ青な謎が隠されているのかもしれませんよ!!!
それはさておき、この仏像の曲線美は感動物でした。
修学旅行生などはこの魅力に気が付かないのでしょう、さっさと素通りしてしまっていましたが、世界的にも認められている「日本の美の真髄」を見ないで帰るのは本当にもったいないと思います。


 
「大地から燃えあがった永遠の焔」と評された美しさ。
フランスでも大絶賛だったそうな!


そしてもう一つ、法隆寺に隣接して立てられた中宮寺にも、「飛鳥時代の最高傑作」と言われる弥勒菩薩が安置されています。
コチラの「アルカイックスマイル」美も絶対に見逃してはなりませぬ!!!


仏像
仏像
小川 光三 

中宮寺の弥勒菩薩が表紙のこの写真集はかなりおススメです…!
値段が高いので、図書館などで探してみてください!!!






何を隠そう、ワタクシは、これまた立派な仏像顔なんです、実は。
アルカイックスマイルなんて、お手の物です

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.11.15 Wednesday 10:08 | comments(9) | trackbacks(0) | 国内旅行-いろいろ | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 10:08 | - | - | - | 
はる (2006/11/15 2:14 PM)
はい、聖地です。



百済観音さま、ナイスバデーですね。
滋賀高月町渡岸寺の十一面観音さまも
なんともいえないフェロモンムンムンでしたよ。
http://www2.odn.ne.jp/cbm54970/2douganji.html
おしりが素敵。
naotyan (2006/11/15 6:52 PM)
奈良旅行、随分と楽しんできたようですね。
下の記事にあるように、鹿からのハリ手は災難でしたね。昔、鹿の刺身やステーキなど食べた記憶がありませんか?イエ、科学的根拠などありませんが、何かそのような気がしたものですから・・・。
ところで、みっちょんっさんは仏像顔なんですか?であれば、ご利益を期待して、みっちょん様のイラストを拝ませて頂きます。どうかお金が貯まりますように、ムニャムニャ・・・。
招き猫 (2006/11/15 11:20 PM)
あっ本当だ!昔からなんだか癒されると思ったら仏像顔だったんだ!ありがたや〜。ってまだ最大のご利益は来てないな〜。ご本尊がまだシアワセでないからかな〜?(笑)

それはそうと、仏像さんって皆いい感じに力が抜けていていいですよね。これぞ日本が誇る究極の美だよね。
みっちょん (2006/11/16 10:05 AM)
●はるさん やっぱ聖地ですよね〜。
法隆寺の境内は、空気がきりっとしてるよね。
旅の連れも、奈良の法華寺・十一面観音を異常に見たがっていたんだけども、これも有名だよねぇ。
滋賀県のは今東京出張中みたいだよ!
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20061106ij21.htm
いいね、東京の人は…こういう展覧会がたくさん見れて。

●naotyanさん 奈良は素朴でよかったです。
今回は飛鳥の里には行けてないので、いつか再訪したいです。
鹿の張り手を食らったのは、その前に日に馬刺しを食べたせいかもしれません。
これでホントの「馬鹿」じゃぁっ!!!って言われた気分です。
私の顔は仏像顔ですが、拝んでもご利益は少なかろうかと…トホホ。

●招き猫さん 小さい頃から全然顔が変わらんよね、私…。
そうそう、当の本人にシアワセが来ないとやってられないワ!!!

日本の仏像がいかにも優しく感じるのは、木製だからかねぇ?
大理石の彫刻では出しえないものがあるよね。
phary (2006/11/20 1:14 AM)
実は私、高校から大学時代にかけて、かなり京都、奈良、飛鳥のお寺、仏像に凝っていた時代があったんです。
せっせとアルバイトをしてはかの地に出かけ、実物を目にして感激しておりました。
私のお気に入りは修羅像と、中宮寺の弥勒菩薩です。
法隆寺はそのころ読んだ梅原猛の本(タイトル忘れました。)に影響されたせいか、なんとなく、みっちょんさんの言う結界のようなものが感じられました。
phary (2006/11/20 7:49 AM)
訂正
阿修羅像の「阿」が抜けていました。
みっちょん (2006/11/20 9:23 AM)
●pharyさん エライッ!!! バイトでお金をためてまで見に行くとは!
特に聖徳太子の謎に関する本は面白いですよね!
私はやっぱりマンガですが山岸涼子の「日出処の天子」の印象が強くて!!
アラフィーおばちゃん (2010/11/29 10:28 AM)
百済観音像、すらりとしたお姿の写真を見て私もまたまたお顔を拝見しに行きたくなりました。来月の一時帰国にはまた行こうと思います。
みっちょん (2011/01/31 2:58 PM)
●アラフィーおばさま!!
コメント有難うございます! お返事遅くなって申し訳ありません…!
現在ほぼ休止状態になっていてご迷惑をおかけしております…!
一時帰国に法隆寺とは!
なんて素晴らしい。
東大寺→興福寺→法隆寺コースは何度行ってもいいですよね^^
そう言えばこの前は平等院にまた行ってきました(笑)!
自分でもたまに「いい加減飽きたらどうだ」とか思うことがあります!