<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< ユーロ高 対 みっちょん | main | よ・う・こ・そ ○ィ○○○ェ へ♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

恐怖のオバケ屋敷≒イタリアの美容院?

先日、とある読者の方から「みっちょんさんはローマにいる間に髪の毛はどうされていたのですか?」というとてもナイスな質問を頂きました。
日本にいる間でさえ美容院には…そうですね〜、3ヶ月に1回行けば良いほうだったので、イタリアでは、ナント! 


      一回も行きませんでした!


だってイタリアの美容院って結構ひどいって聞いてたもんね〜。
だから出国前に日本で髪の毛を切って、コッパー(銅)色だった髪も元の茶色に戻したもんね〜。
皆さんもGOOGLEの検索で「イタリア 美容院」と入力して記事を探してみてください。
いろんな方の「悲惨な体験談」が読めますよ…。

よく「海外に行く前には歯医者に行っておこう!」という話は良く聞きますが、イタリアに関しては美容院にも行っておいた方が、そしてなるべく髪の色も元に戻した方が良いかもしれません。
シャンプー(shampoo)・リンス(Balsamo)、整髪商品などは、日本でも見られるメーカー(DOVEやLAX)がスーパーで普通に売っていますので、わざわざ日本からボトル丸ごと持ってくる必要は全然無いですが、毛染め商品なぞは、どんな成分が入ってるかわからないので安心できませんものね。

とは言うものの、イタリアにいる間も髪の毛は伸び続ける…。
どうしてたかと言うと、答えは簡単、自分で切っておりました。
私のアパートには屋上があって、その上でチョキチョキと適当に…。

イラストや写真でおわかりかと思いますが、私の髪の毛は天然パーマでございまして、しかもかなり自然なウェーブが何もしなくても勝手についてしまうという、大変重宝な髪なのです。
ですから自分で適当に毛先を切っても何とかなるわけです。



↑パンテオン近くの超渋い床屋(Barbiere)さん。


…でも、一度くらいは肝試しで美容院に行ってみても良かったかな〜♪
だってその方がブログの記事的には面白いしぃ〜…。

あ、Yちゃん…イチかバチかで美容院行ってきたんだったよね…。
それでやっぱりザンギリ頭にされて帰ってきたんだったっけ…。
同居人のLEE(メキシコ人・♀)がうまくセットしてもらってた美容院があるから、そこを紹介してあげようか?
え、もういい??
きっと日本人の髪質って特別なんだよ…そう言う事にしておこう。



↑無残に断ち切られていた友人の髪…そのレベル、お菊人形並み。


やっぱ怖いわ〜、イタリアの美容院。
自分の度胸を試したい方、オバケ屋敷ではなく美容院へ、どうぞ。
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.12.01 Friday 10:58 | comments(12) | trackbacks(0) | ローマ・基本情報(生活) | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 10:58 | - | - | - | 
gellius (2006/12/01 11:53 PM)
こんにちわー☆
早速遊びに来させてもらいましたー!
あたくしも、何度イタリアの美容室に行って何度後悔したか・・・
出来れば行きたくない所ナンバー5には絶対に入りますね。

行って得する事はなし。
行かなくって正解だったと思いますよー!
aiuto (2006/12/02 1:35 AM)
イタリアの美容院・・・高いくせにこんなもん?という感想です。
4回美容院を変えましたが、どこもおんなじです・・・。
Pastaboy (2006/12/02 5:54 AM)
おっと美容院の話ですか!
俺はみなさんと逆なんです。
ペルージャで
最初に仲良くなったリッキーは
美容院の経営者。
彼のサロンは人気で
そこに遊びに行く内に
いろんな人と
知り合ったんです。

青山にあるような感じの
サロンなんですよ〜
また彼に髪切ってもらいたいです。
phary (2006/12/02 6:51 AM)
私もそろそろ髪を何とかしなくちゃいけないんですけど、いつもやってもらっていた日本人の元美容師さんが帰国してしまって、ドイツの美容院に行く勇気がないまま今に至っているんです。
高いくせに、日本人のこの硬い髪に慣れていないから、へたくそなことこの上ない、、、、、。
イタリアもおんなじなんですね。
みっちょん (2006/12/02 10:38 AM)
●gelliusさん コメント有難うございます!
も、もしかして、NO.1は病院すか?
気になります、その順位結果!

●Aiutoさん そうなんですよね、技術と値段のバランスが悪いと言うか。
日本に帰ってきてから、日本の美容師さんは本当に丁寧なんだな〜と思うようになりました。

●Pastaboyさん オオ!そいつはラッキーですね!
ペルージャの街中は行ったことがないのですが、今度行ったらまずその美容院に行ってみにゃ!

●pharyさん そうですか、大変ですね〜。
日本でさえ、お気に入りの美容院を見つけるのには時間かかりますもんね。
だれか新しい日本人が出稼ぎに来るまで耐えるしかないのでしょうか?!
A社 まろ (2006/12/02 1:57 PM)
元美容師です・・・。
ええ、みなさんお困りのようでイタリアではよくボランティアしてました(笑)現地で半日職場体験もしましたが彼らの技術と『ノリ』では私ら日本人の髪は扱いきれないだろうなぁ〜と思いました。

ヘタクソではないんですよ。知らないだけなんです!日伊両者をフォローしようとこの話をすると長くなるのでここでの力説は控えます(笑)友人にも「もぉいいよ。分かったから!」と飽きられます(爆)
y-chan (2006/12/02 9:22 PM)
どーも、お久しぶりです!Yちゃんです!! えーっ、私そんなにショック受けてなかったよ〜 話には聞いてたし、「へ〜、こんな感じかぁ」って感心したっていうか、新鮮な体験に感動したって感じだったよ☆ たしかに私の必死の訴え(←注文ね笑)に「そうね、あなたの髪は多くて硬いから段を入れましょう」と言った美容師のお姉さん、結果は石の階段のような「段」だった…のは確か。でも覚悟してたしぃ。私なりに選んでインテリアとかかわいい美容院にしたし。『それなりに』っていう感じでございました。恐れを知らないって事にして勇猛果敢な方!!ぜひイタリアで、海外で髪を切ってみてください。どうなるかは私の知ったこっちゃないけど(^^)、思い出の1ページにさ!
SOLE (2006/12/03 10:15 PM)
前にミラノで有名と言われてる美容院に行ったことがあるけど、パーマが掛かっててそれをストレートにして欲しかったんだけど、ちょちょいと切って、ブローで伸ばしてくれただけでした・・・出来上がりはよかったけど、次の日のシャンプー後はもちろん、もとのパーマヘアーに・・・ 80ユーロ返せぇぇぇ!!と思ったよぉ(泣)
みっちょん (2006/12/04 8:30 AM)
●Ychan イヤイヤ、十分寂しげな瞳をしていたぞ、あの時の君は。
そうねぇ、悟りを開いたって感じ?

●SOLEさん 80ユーロでそれはきついですね…。
ストレートパーマ自体知らなかったんじゃ!!!
みっちょん (2006/12/04 8:32 AM)
●まろさん オオ!美容師さんだったのですか!
それならイタリアで日本人相手の美容師を開くとか!
案外イタリア人にも需要があるかも知れませんぜ!!
日本の美容師さんの技術は高いのは有名ですもの。
慎重な歌うたいライオン (2006/12/12 2:04 PM)
はじめまして、みっちょんさん。
いつも楽しく読ませていただきます。いままで書き込みしたことがなかったのですが、この床屋の写真が懐かしくて懐かしくて、とっても嬉しくて、今ちょっと興奮しながらメッセージ書いてます。
約10年前この床屋から歩いて45秒のところに住んでたんですよねぇ〜いやぁ本当に懐かしい!通りの名前は確か Via dell'orso。近くには前菜が山のように出てくるお気に入りのレストランもありました。
写真のおかげで、たくさんの思い出が溢れ出してきました!
みっちょんさん どうも、ありがとう!
みっちょん (2006/12/13 9:59 AM)
●慎重な歌うたいライオンさん コメント有難うございます!
そうなんですか!良い所に住んでたんですね!
町のど真ん中じゃないですか!
いつもおじいちゃんが一人でやってる見たいなんですけど、お客のオジサマ達もそりゃもう渋いことと言ったら。
私は女なので残念ながらそこには入れませんでした(笑)。