<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 冷静と情熱の狭間で(ドゥオーモのクーポラ・ジョットの鐘楼) | main | ウフィツィ一の美人は誰だ?(@ウフィツィ美術館) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

今イタリア語を使わないで、一体いつ使うというのだ?(@ウフィツィ美術館の予約)

ローマの美術鑑賞の最大にして最高の目玉といえばバチカン美術館。
それではフィレンツェでは??

はい、もう皆さんご存知のウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)でございます。
西洋美術好き、宗教画大好き、そして何よりも、ルネサンス芸術大好きときめきな人の聖地です。
私ももちろん大好きです。
フィレンツェに行くのはこの美術館の為、と言っても良い位であります。


     ウフィツィ美術館公式HP → こちら!



↑いざ、美の殿堂へ!


↑すっかりお馴染みの似顔絵屋さん。


↑美術館の前に並ぶ、偉人達の彫刻。レオナルド先生はすぐにわかるなあ。


↑もちろん、ミケランジェロもね!!!


ウフィツィ美術館が一番落ち着いて見学できるのは、冬季(11月〜3月)です。
寒いし天気もあまり良くないことが多いですが、飛行機代も安いし、フィレンツェに限らず何処に行っても美術館見学の人が少ないので、美術館のベストシーズンといえるでしょう。

しかしそれ以外の月は??
ハイシーズンである5月〜10月は、この美術館には世界中の人がやって来るので、恐ろしいほどの「入場のための長蛇の列」ができてしまいます。
バチカン美術館はあまり入場を制限することが無く、列が長くてもどんどん進むので、ちょっと我慢すれば入場できるのですが、ウフィツィ美術館は違〜うのであります!!!

それならば、開館時間の30分前ぐらいから並べば…!!と思ったところで、そう思うのは全人類共通!!
やはり早朝からでも長蛇の列ができてしまっています。
ちなみに私が聞いた「最高に並んだ時間」は4時間!!!!でした(確か6月でだったかなぁ?)。
時間が限られた旅行者に残された道はただ一つ!
それが

     
     「ウフィツィ美術館の入場予約をしておく!!」


であります。
ツアーで既に美術館見学が組み込まれている場合や、冬季に行く人は特に予約は必要ないと思われますが、ハイシーズンに個人で行く人はぜひとも予約をして行きましょう。
これさえしてしまえば、貴重な時間を無駄にすることが無くなります。
最近はオンラインで予約できるサービスがありますので、そちらを利用するのも手です。
ただし、自分で予約するよりも少々お高めですが…。
一度見てみてくださいね(ウフィツィ美術館以外も予約できます)!


     ウフィツィ美術館オンライン予約 → 日本語版
     上記のサイトの手順の詳しい説明をみっけ! → こちら!


私はどうしていたかというと、上記のオンライン予約ではなくて直接電話予約をしました。
・・・・・・イタリア語を習っている皆さん!!!
ここでイタリア語を使わずに、一体いつ使うというのでしょうか?!
こういう時のためにイタリア語を習っているんじゃありませんか!!!!

そういう私も、初めて電話をかけた時は心臓バクバクものでしたが、内容は至って簡単。
希望の美術館名・日・時間・人数を聞かれ(多分私の名前も聞かれたかな)、OKだったらそのまま予約コードを口頭で言われます。
それを頑張って聞き取るのです〜っっ!!!
もちろん復唱して、聞き取った予約コードがあっているかどうかを再度確認してもらうのを忘れずに!!
そして最後に予約時間の15分前にチケットを取りに来るようにと言われます。

もし希望する時間が空いてなかったら、他の時間かもしくは他の日で空いている時間を提案されます。
イタリア語初級者の私には気が遠くなるようなやり取りですが、無事に予約が完了した時の充実感と言ったら…。
話している内容は、基本的フレーズ満載ですから、何とかなるはずです。

ですから、イタリア語を勉強している人は、直接電話予約じゃないとダメです〜。
ダメッらダメ〜っ!
勇気出して電話してみるのよ〜っ!!!
根性出すのよ〜っ!!!
…しかし、無事に予約完了になるかどうかは補償しませんが…(+д+;)。
それはアナタのイタリア語力しだいなので、こうご期待!!!なのであります。
(イヤ、普通に英語できれば英語でもいいんすけどね・・・せっかくイタ語習ってるしぃ〜…。)


      恐怖の予約電話番号 → TEL:055-294883(Firenze Musei)
                  8:30-18:30(月-金)
                  8:30-12:30(土)


さて、予約番コードを聞いたら、それを大事にもって予約時間の15分前までに予約専用チケット売り場まで行きます。
そこで予約コードを伝え、お金を払えば購入完了!!



↑予約用チケット売り場のワタクシ。


それを持って今度は予約専用入口へと向かいます。
予約無しの一般入口とは別になっていますので、注意しましょう。
それぞれの窓口が何処にあるかは、ウフィツィ美術館の入口周辺に案内板が出ていますので、それを見て確認できます。




〕縮鷓僂澆凌誉賤僂瞭口
⇒縮麑気靴琉貳牝口
M縮鸚賤僖船吋奪版笋蠑
行列は番からアルノ川に向かって回廊に沿ってできます。




↑今日も美術館は大賑わい!
うまいこと予約を使いこなして効率よく回ろう!





それがね〜、この予約電話がこれまた全然繋がらないのよ。
こんだけ人気ある美術館なんだからさ〜、もうちょっと回線増やそうよ…。
日本から観光しにやってくる友人達のために、何度この番号に電話をかけたことやら。
そう、すでにここからイタリア的試練が始っているのです!!

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.12.07 Thursday 09:56 | comments(7) | trackbacks(0) | イタリア・トスカーナ旅行 | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 09:56 | - | - | - | 
oltremare (2006/12/07 8:25 PM)
イタタタ…
私鉄の切符買うだけでも緊張するのに。
gellius (2006/12/07 9:51 PM)
私もしたしたこの電話!
未だに電話は苦手だわぁ〜。
やっぱり何事も慣れなんだろうけどねぇ(o´д`o)=3
A社 まろ (2006/12/08 12:45 AM)
ワタシは直接窓口で予約しました・・・だって電話怖いんだもん(笑)こんなビビリで勇気の無いジャポネーゼが予約を無事取り付ける為には
『身振り手振りと哀願の眼差し』
に頼るしかナイ!と(笑)ま、結局のトコロ観光客(イタ語分からない外国人)に慣れた係員のお姉さんのお陰で問題は無かったんですケドね。電話ごときでビビッてるようじゃいけません・・・。みっちょんさんを見習って根性入れ直さねば!!!
phary (2006/12/08 1:33 AM)
こんな予約制があるとは知らず、2回もフィレンツェに行っていながら(ハイシーズン)、2回ともあの長蛇の列を見て入場をあきらめた私って、、、、。
次回は冬場を狙って行ってみます。
ところで
電話予約はドイツ語ではだめなのでしょうか、、。世界的に有名なウッフィツィにしてはなんとローカルなサービス。
みっちょん (2006/12/08 9:59 AM)
●oltremareさん ハハハ、やっぱり皆さんも電話嫌いなんですね!
私も本当に緊張しましたよ!
でも、あんまり電話が繋がらないもんだから、最後には絶対予約してやる〜と思っちゃったのですよ。
これも美術館の作戦?

●gelliusさん こういう試練を乗り越えて、イタ語がうまくなるに違いないと思うのですが…。
イヤ、しかし予約コードが間違ってないか、最後まで不安でしたよ。
そんなに自分が信用なら無いかってくらい…(−−;)

●まろさん 哀願のまなざし(爆)!
それで助かってる事って結構ありますもんね。
イヒヒ、電話じゃそれは通じないもんね〜。
ちなみに私は電話する前に一人で予行練習をしてました…(-Д-;)
現地での直接予約は入口2番でできるんでしたっけ〜??
それについて書くの忘れてました!

●pharyさん 多分ドイツ語いけるんじゃないかな〜。
もしくは最初にドイツ語OKですか?と英語で聞いてみたらいかがでしょう?
もしドイツ語がダメでも、簡単な英語で全然いけますよ。
電話対応のお姉さん達はかなりそう言うのになれてると思います!
次回は是非予約してみてくださいね!!
koo (2010/02/18 1:06 AM)
初めまして。
ひょんなことからこちらに辿り着きました。
イタリアは3回行きましたが、何度でもまた行きたくなりますね。

私は日本から電話して英語で予約を取りましたよ。
しかも、中学生レベルのセンテンスで(笑)
時差のおかげで、深夜に延々と国際電話する羽目になり大変でした。一体何日かけて取ったやら。
でもいい経験が出来て、度胸だけはつきました(笑)
みっちょん (2010/02/19 10:24 AM)
koo様 コメント有難うございました!
ウフィッツィは個人で行く場合は予約必死ですね!
よくぞ頑張られた!!!

自分で計画を立てて、準備して…これだから旅はやめられません!!