<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< オカンのおススメ映画。 | main | 海に沈む、アドリア海の女王。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

パックツアーについて、我思う。





今回の連休中に、旅行に行かれた方もいるでしょう…!
ところで、パックツアー(パッケージツアー)でイタリアに行ってきた皆さん、どうでした?
旅行を思う存分楽しめましたか?

最近のパックツアーは、大変充実しているというか、なんと言うか。
日程がすべて決められて添乗員さんがつくツアーの他に、行き帰りの飛行機とホテルだけが決められていて、あとは全部自由行動ができる!というパックがたくさんありますよね!!

何を隠そう、うちのオカンがイタリアに来た時も、こう言うタイプのパックツアーを利用したのですが、これがまぁ、安い事安い事。
季節はハイシーズンではないものの、ヨーロッパ経由でイタリアに行けて、ホテルに6泊、空港までの送り迎え、さらにローマ−フィレンツェ−ヴェネツィア間の列車の切符まで付いてきて、お一人様…


     お値段¥125.000-!!!(その他、保険料や空港税などは除く)


すげえ……。
多分、個人で手配していたら、なかなかできない値段です。
しかも、その時ローマにいた私のフィレンツェとヴェネツィアの分のホテルも、オカンのホテルと一緒に手配してくれるという塩梅で(もちろんこれは別で請求があります)。
さらにさらに、旅行期間の8日間をローマ・フィレンツェ・ヴェネツィアにどのように割り振るかはこちらの自由!
私達は、無難にローマ・フィレンツェ・ヴェネツィアに2日間ずつ泊まる事にしました。

それまで私はパックツアーなんか…と思っていたのですが、こう言うパックツアーなら利用しない手はありませんよね…!
正直、オカンがイタリアに来た時に、パックツアーを見直しましたよ〜。


……と、良い事ばかり言っていますが、そこはそれ、安いからには何か裏がある。
そうです、パックツアーの最大の問題点…それは…ツアーの値段が安くなればなるほど、


     泊まるホテルが自分で決められない


という事です。
中には、ホテル指定ができるのもありますが、ホテルを指定すると追加料金が取られるし。
大抵はランクがAとかBとかあって、「このクラスのホテルのどれか」に強制的になっちゃうわけで。

ちなみにオカンの時は、ローマがホテル・ジョット(HOTEL GIOTTO)、フィレンツェがホテル・ボンチアーニ(HOTEL BONCIANI)、ヴェネツィアがホテル・アントニー(HOTEL ANTONY)という所でした。

私はイタリアから日本にいるオカンに、泊まるホテルが決まったらすぐに私に教えてねと言っておきました。
だって、ホテルの場所がわかんないと、観光予定が立たないんだもの。

そして実際にホテルが決まると…。
フィレンツェはサンタ・マリア・ノヴェッラ駅の近くだからまだいいのだけれど…。
ローマとヴェネツィアのホテルは中心街から遠かった…。
ええ…とても遠かったのですよ。



↑これはフィレンツェのホテル。
朝食にヨーグルトがあったら、それだけでもうご機嫌です。


ローマのホテルは、旅行会社のホテルの説明を読んでみると「バチカンから車で数分の静かな住宅に位置するホテル。市の中心部へも地下鉄1本でアクセスできます。」とか書いてあるんです。
でも、はっきし言って、良く書き過ぎ。
実際は、ホテルから地下鉄まではバスに乗らないと、人気の無い道を結構歩かされるし、しかもその地下鉄駅というのが、地下鉄A線の終点駅の一つ手前の駅。
バスの乗り方が良くわかってる人じゃないと、夜はタクシーで帰るしかないような所なのですよ!!!

さらに遠かったのが、ヴェネツィアのホテル。
旅行会社のホテルの説明は「空港から車で3分、メストレ地区に位置する4つ星ホテルです。ホテルからヴェネツィアのラグーンが見渡せます。」とか、良さそうな事が書いてある。
しかし、住所を見てみると「メストレ(Mestre)」って書いてあるではありませんか!!
これを見たとき、ビックリしましたね〜。
メストレは、ヴェネツィアの手前にある隣町です。
ヴェネツィアの本島の中のホテルではないわけですよ。
しかもホテルからメストレ駅さえも遠い。


↑ヴェネツィアのホテル…。


↑オイラ達は、ラグーンと本島がホテルから見渡せても嬉しくねぇって(゚□゚;)


実際、ホテルからヴェネツィアの中心部までは、ホテル近くのバス停からバスに乗って、ヴェネツィア駅の近くのローマ広場まで10分、そこからさらにヴァポレット(水上バス)に乗らなければなりません。
オカンは私がいたから良かったようなものの、他の旅行者達は、どうやらホテルからヴェネツィア本島のローマ広場まで、タクシーを毎回たのんでいたようです。
バスを使えば1ユーロですむのに…。
それにですねぇ、夜の帰りのバスが、また大変。
外が暗いと、ホテルの周りに目印がないし、どこで降りればいいか良くわかんない!!!
それくらい郊外にありましたでやんすよ。


パックツアーで旅行を申し込む皆様、自分達が泊まるホテルの場所だけは、絶対に絶対に事前に調べるべきであります。
そうしないと、現地に行ってからボーゼンとなる事ウケアイです。




↑お風呂よければ、すべて良し???



パックツアーを楽しむコツ、それは「ま、いいか♪」となるべく思う事なのかもしれませぬ。

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.05.07 Monday 10:11 | comments(12) | trackbacks(0) | ローマ・基本情報(生活) | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 10:11 | - | - | - | 
aiuto (2007/05/07 2:06 PM)
パックツアーはホテルが問題なんですよね〜。でも、安い事を考えたら、それくらい目をつぶるしかないですよね。
SOLE (2007/05/07 6:00 PM)
私も昔パックツアーでヴェネツィアに行った時、メストレだったよぉ〜〜。ヴェネツィアの中心地に行くまでが遠かった(泣)
パックツアーって安いし至れりつくせりだけど、ホテル遠いのはねぇーー。ちょっと悲しくなります。
puhi (2007/05/07 10:42 PM)
こんにちは。
ホテルは最重要項目です、私にとって。場所が良い→観光がしやすい→効率的→時は金なり
でも、このユーロ高だと個人手配はかなり厳しくなりますねー
Schakra (2007/05/07 11:08 PM)
う&#12316;ん、確かにメストレの鉄道の駅にはヴェネツィアって付いているけどねぇ……。ヴェネツィアって言い切ってしまうのはどうかしらねぇ……(苦笑)。
メストレと言えば、フィレンツェからウィーンに昼間に帰る時、よく乗り換えたのよ&#12316;。
come (2007/05/07 11:26 PM)
みっちょんさんと同じ行程でベネツィア本島泊(空港送迎無し)が¥150900〜だから、やはりホテルの立地の差ってことですよね?
以前、すべておまかせで五大都市を廻るツアーで行ったことあるけど、団体→大型バス→大型ホテル=4個のホテル全部郊外でしたね(笑)スケジュールびっちりで自由時間なしだったからそれでも良かったけど、みんな一斉にお風呂に入るのでお湯の出が悪くなるのがイヤでしたぁ〜(T_T) 最終地ミラノで急遽、夜の直行便に決まって一日自由行動になった時は、数人ずつグループで乗り合ってタクシーで中心地まで往復しましたよ。ひとり3ユーロだったから、ま いっか(^^♪
みっちょん (2007/05/08 9:33 AM)
●aiutoさん そこらへんの兼ね合いを、どう自分で納得するかが、楽しい旅行になるかどうかの境目かと。
安くてホテルが良けりゃ、そりゃ最高だ!

●SOLEさん メストレも良い所なんだろうけどねぇ…。
初めてメストレ駅に着いた時は、さすがにタクシーでホテルに行ったよ〜。

●puhiさん 最近のユーロ高、とどまる所知らずですね〜。
どうなってるのかしらん。
私は個人で手配するのが好きなんだけど、こうなるとツアーを頼むしかなくなっちゃいますよね。

●Schakraさん ああ、そうか〜。
方向的に乗換駅になるんだ…。
ベネチアに立ち寄った後、ウィーンに行くってのもいいねぇ!!!

●comeさん ツアー金額は、ホテルの差だけじゃなくて、季節によってだいぶ違いますしね。
できる事なら本当泊の方が良いに決まってる〜!!!
イタリアだったら団体ツアーを申し込む事はもうないけど、南米とか中東とか、個人で周るのは大変そうな所は多分団体ツアーにすると思います!
団体ツアーの方が便利で安全って所、結構多いと思いますよ。
亜巳 (2007/05/12 10:03 PM)
初めまして。
6月初旬にイタリア旅行を計画している者です。
どうしてもツアーで言ったヴェネツィアにもう一回行きたくて、10年越しの夢だったんですが、ツアーに「本島宿泊指定」と書いてあったのに、メストレに泊まる事になっちゃって、泣きながら情報を探していたので本当に本当にこちらのサイト情報はありがたいです。
お礼を言いたくて、カキコしてみました…。
みっちょん (2007/05/13 10:57 PM)
●亜巳さん オオ! メストレ宿泊仲間ですね!
メストレ駅の近くだったら全然楽ですよ!
私が泊まったホテルは駅にも遠かったですからね…。
今回は本島で夜を過ごせないけど、次回があるさ!!!
気をつけて行ってらっしゃい〜!!!
N (2007/09/11 3:01 AM)
こんにちは。時々コメントを残しているReggio EmiliaのNです。
生活編、というカテゴリーだったので
ここに質問を残そうと思っているのですが・・・。
イタリアでクレジットカードを使う時、毎回身分証明をリクエストされていましたか?
こちらでは普通のスーパーなどで使おうと
すると大抵、身分証明をリクエストされます。
しかし、ベネトンとか他の大手電気屋
ではリクエストされないこともあります。
毎日、日常生活でパスポートを持ち歩く
のも物騒ですし、税金管理のためのカードを
見せても受けてもらえず、今日はoviesseのレジのおばちゃんに「何でdocumentoを持ってないの?パスポートとかなんとかかんとか・・・!!!」とものすごい勢いで怒鳴られました。結局、ペンとレシートを目の前に持ってきてサインしろ、という態度で、買うには買えたんですけど。滞在許可証は申請して5ヵ月後にあたる10/1に警察で受け取ることになってはいるのですが、その申請書のコピーもあまり役に立たず・・・。イタリアで
発行されている税金管理のカードではなぜいけないのかもよく分からないですし、結局パスポートを見せても名前を確認するくらいだと思うんですけど。なんだか解せないですねー。少々経験をお聞きしたいです。
みっちょん (2007/09/11 10:11 AM)
●Nさん 私はまったくそんな経験はありませんでした。
Romaはそこまでうるさくないのかもしれませんね。
なんてったって、観光客だらけですしね、カードで買う人達にいちいちパスポートの提示を求めないと思います。
それに私がカードを使うのは50ユーロ以上のときとかで、大抵大きな店舗ででしたから。

私の場合はCITYBANKのカードを持っていましたので、それで現金をバンコマットで引き出してました。
だから、スーパーなどはもっぱら現金で払っていたのですよ。
もしかしたらスーパーによっては外国人・イタリア人を問わずカードの客をちゃんとチェックするように指導が出ているのかもしれませんね。
イタリア人でも身分許可証を常に持ち歩くよう義務付けられていますし…。


そのいつも使われるスーパーに、案内所コーナーみたいな所があったら、どうしていちいち身分証明書を出さなきゃいけないのか思い切って聞いてみたらいかがでしょうか。
下手に出たら、ちゃんと聞いてくれると思いますよ。

私は外出時にはパスポートのコピーと、Nさんと同じ様に滞在許可書の仮のやつ(←警察署で渡されたんです。本物ができるまでこれを持っていろと言われました。)を持ち歩いていましたが、どこの店でも提示を求められた事は一度もありません…。

頑張れ、負けるな〜!!!!!

N (2007/09/11 3:00 PM)
みっちょんさん、早速お返事を書いてくださりありがとうございますぅ〜〜(ううぅっ・・涙)
そうですか、やっぱりローマだけにあまりそういうことがないんですねー。提示を求められないこともあるので昨日はすっかり忘れてちょっと油断してました。ので、突然の対応にビックリ&怒り心頭しました。
案内所に聞いたり、「滞在許可証は申請中だからこれでも(コピー)いいか?」とか、色々と言いたいことはその場で言ってみたいものですが、語学力がまだまだ追いついてないのが現実。。
そしていつも負けてしまう。。それにしてもみっちょんさんが書いているように「下手に」でるのがポイントのようですね(-_-;)地道にがんばります。。。
みっちょん (2007/09/12 8:30 AM)
●Nさん どちらかと言うと、男性社員に「困ってるんです〜…」的な感じで攻めてみては(笑)。
イタリア人女性はきついですからね…。
後はスーパーを変えるとか。

何となく思うんですが、対応もレジの人によって違うと思うんですよね。
いつも同じレジの人の所に並ぶとか。
そうしたら何となくお互い顔見知りになって「顔パス」になるかもしれませんよ。

私も言葉が通じなくて悔しい思いをたくさんしました。
頑張ってくださいね、負けるな!
いや、違うなぁ。
きっと負けても良いんです。
肝心なのは「適当に受け流す」ことですよ〜!