<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 申し訳ないです… | main | 世界一美しい広場に欠かせない?(@サン・マルコ広場) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

コヤツの顔写真、求む。(@サン・マルコ寺院)

チャ〜ラ〜 チャ〜♪ チャ〜ラララ〜ン♪ チャラララ〜…♪
素晴らしい景色を目撃すると、誰もが思わず口ずさんでしまう、TBS「世界遺産」のテーマ曲。





ヴェネツィアに来て、サン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)の目の前に立つとやっぱり口から出た。
ローマのサン・ピエトロ大聖堂とも、フィレンツェのドゥオーモとも違う、そのお姿。
同じ国なのに、こうも場所によって違くなるものなのか。


     ●サン・マルコ寺院の公式HP → こちら!
     ●寺院の開館スケジュール → 英語版
     

このホームページ凄いな〜。
寺院の3D映像も見れちゃうんだ… → このページから!
「Virtual Basilica」をクリックすると、その下に「3-D Basilica」と言う項目が現れます。
寺院内は撮影禁止だから、こりゃ嬉しいや。





↑何となく、イスラムっぽい。


サン・マルコ寺院に行くんだったら、聖マルコのことも知っておかなきゃ。
聖マルコは「マルコの福音書」と書いたとされる聖人です。

「マルコの福音書」ってなあに?と思われる方もいるかもしれませんので、超簡単に説明を。
皆さんご存知だとは思いますが、キリスト教の大事な聖典である「新約聖書」は、色んな文章が集まって新約聖書になってるわけです。
そのたくさんの文章の中で一番中心になるのが、「イエス・キリストの生涯やその言葉」を記した4つの「福音書」なわけです。
(この「福音書」が、一般的に知られているキリスト様のお話にあたります。)

……あれれれ?
でも、福音書が4つあるって…???
そう!!!
実は、キリスト様の生涯を記したお話は4パターンあるんですわ、これが。


マタイによる福音書 
マルコによる福音書 
ルカによる福音書 
ヨハネによる福音書 


内容は大体一緒なんです。
(キリストの誕生→キリストの布教→キリストの処刑→キリストの復活)

そりゃ〜、一人の人のことを描いてるんだから、そうそう違ってもらっても困るんだけどね(´△`;)
しかし、これが面白い。

キリスト様のことを、それぞれの筆者の視点で描いてるもんだから、微妙に表現が違ったり、こっちの福音書には書いてあるけど、こっちのには書いてない話とかあったりしちゃったりする。
特に大人になってから真面目に聖書を読んでみた私がビックリしたのが、マルコとヨハネの福音書には、マリア様の受胎告知の話が無いの!!!!
この2つはキリスト様の幼少の話をすっ飛ばして、布教を始めた所からスタートしてるんですね〜。
いや〜、面白いですね〜、聖書を読んでみたくなりますね〜。
だから色んなミステリー物の題材にされるわけですね〜。

一つのお話から来てるのかと思ったら、4パターンもあるなんて。
でも、そのうちどれが本物か?!とか言う議論はナンセンスなんでやんす。
今の世界では、4つともちゃんと聖典として認められているわけです。



↑と言うわけで、これがその聖マルコさん。
この事実を知ると、いっそう親しみが持てる?!
そして、聖マルコの遺骸を納めるために作られたのが、この寺院なわけですね〜。
ついでにヴェネツィアの守護聖人!!!
そのシンボルは有翼の獅子像になります。



↑サン・マルコ寺院にある、4人の「福音記者」のレリーフ。
福音記者にはそれぞれシンボルがあります。
左からルカ(=牡牛)、マルコ(=獅子)、ヨハネ(=鷲)、マタイ(=人/天使)。
この4つの図柄があったら、まず福音記者の絵なんだなと思って間違い無しです。
ヴェネツィアだけでなく、イタリア中に4人が描かれているので、探してみるのも面白い!



↑寺院とドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)の間の獅子像。
イケメンです。


↑広場横の柱の上にいるのは…!!!
たぶんヴェネツィアで一番人気者の獅子像。





でも、その顔を見た事が無いんっす。
どなたか、コヤツの顔がどんな顔なのかご存知の方はいらっしゃいませんか?



P.S 熱下がりました。
ここ最近、更新ペースが落ちててホントゴメンなちゃい。


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.05.18 Friday 11:10 | comments(4) | trackbacks(0) | イタリア・ヴェネツィア旅行 | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 11:10 | - | - | - | 
ロマーヌス (2007/05/18 6:17 PM)
おひさしぶりです

サンマルコ寺院はいいっすよね〜。私も3年前に行ったんですが、他ではみられない異国情緒がたまらないです。
ロッジアにある4頭の馬の彫像なんて第4次十字軍の時にコンスタンティノープルからパクッてきたもので、古代ローマ時代のものだったりするから見どころ満載ですね。印象深いのは中に入った所の天井画が黄金に輝いて美しかったです。

ライオン丸は確かに顔わからないですね。逆光みたいな感じで見づらいんですよね。この柱もコンスタンティノープルのやつなんすよね。よく持ってきた!
come (2007/05/19 12:56 AM)
熱下がって良かった×2♪

そうなんですよね〜今日のトピ、みっちょんさん
オススメの『イエスの生涯』を読んでたから
よーく理解出来ましたよ〜!
ヴェネツィアのシンボルが獅子なのではなくて、
聖マルコさんのシンボルだったんですねー!!
SOLE (2007/05/19 5:21 AM)
熱下がってよかったね&#9829;
あまり無理してぶり返さないようにね!

こうやって色んな裏情報を知ってから、サン・マルコ教会を見たら感慨もひとしおなんだろうなぁ。
みっちょんのブログはホントタメになります!
いつもあんがとさん!
みっちょん (2007/05/19 8:03 AM)
●ロマーヌスさん お久しぶりです!
さすがロマーヌスさん、お詳しい!
昔の人の根性には頭が下がりますよね。
と、言う事は、この獅子ちゃんもトルコ生まれって事になるのかな?

●comeさん わ〜い、イエスの生涯を読んでくださったんですか???
嬉しいです(*^▽^*)
読み終わったら感想聞かせてくださいね!
カトリックは聖人の数が多すぎて、なかなか覚えられないですよね。
でも、イタリアを知る上でどうしても知っておかなきゃいけなかったりして…。
日々勉強です。

●SOLEさん すみません、ここの所、ずっと人生的に低空飛行で…( ̄ω ̄;)
観光地を巡ると、頭の中が一杯一杯になっちゃって、ただ見るだけになりがちだけれども、なるべくキリスト教の勉強していった方が絶対に楽しいですよ!

SOLEさんの盗○ブログも為になり…?ますがな(爆)。
私、いつも覗き見してます(゚Д゚;)