<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< コヤツの顔写真、求む。(@サン・マルコ寺院) | main | 猫好きってことは、やっぱり…。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

世界一美しい広場に欠かせない?(@サン・マルコ広場)

「世界一美しい広場」って、私が聞いただけでも3つある。
その一つがヴェネツィアのサン・マルコ広場(Piazza San Marco)。
次が以前紹介したシエナのカンポ広場(Piazza del Campo)。
それからお国が変わってベルギーのグラン・プレス
そういわれりゃ確かにそうかも…とついつい思ってしまうけど、きっと人それぞれの「世界一美しい広場」があるんだろうなぁ。



↑サン・マルコ寺院を広場から見る。


↑…で、鳩。


↑鳩ちん。
広場=鳩…これは間違いないのであります(?)。


↑鳩ちんに埋もれるわたくし。
尻の大きさは気にしないように(;´Д`)


↑鳩ちんにすごまれ、ビビリ気味なわたくし(゚Д゚;ノ)ノ


↑鳩ちんと最高の2ショットヽ(´▽`)/
でも、後ろの清掃のお兄さんも一緒に写ってしまった! 残念!






いやね、実際に「鳩を描いてみる」ってなると、ちゃんと描けないもんだなぁって。
頭の中では完璧な鳩ちんの姿が浮かんでるんだけど、手が言う事を聞かない。
…いつも適当な絵ばっかり描いてるからダメなんだよね〜。


P・S 昨日の「獅子像の顔」、トヨさんのご指摘によりここに写真が載ってる事が判明。
トヨさん有難う〜…私全然この写真に気がついてなかったわ。
ニパッと開いた口が凄いキュートです。
正面からの顔も見てみたいな〜…!!

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.05.19 Saturday 08:52 | comments(4) | trackbacks(0) | イタリア・ヴェネツィア旅行 | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 08:52 | - | - | - | 
しい (2007/05/19 11:38 AM)
彼が住んでるのがローマで遠距離恋愛中で去年夏にはヴェネチアにいたので懐かしいですぅ。
私もローマにはたびたび行くので地元情報も楽しみにしてます♪
ロマーヌス (2007/05/21 12:36 AM)
サンマルコ広場に午前中に行ったら海に浸かっててびっくりした覚えがあります。その後、潮が引いたら鳩がバサバサバサッと飛んできてあたり中鳩だらけになってもっとびっくりでした。
サンマルコ広場が世界一美しいというのは本当にそうだなあと同感です。鐘楼に登ると景色すごいきれいですよね。
come (2007/05/21 2:02 AM)
『イエスの生涯』は小説家が書いたからなのか、4パターンある福音書(場合によってはそれ以前の書物も引用して)の話を私のようなしろうとにもよく分かるように説明してくれている「聖書のあらすじ」みたいなもんですかね?登場人物も多い上、同じ名前で別の人がいたりしてややこしかったけれど
…感動しましたぁぁぁ!!!←小泉元首相風でネ。
…人間って、欲を持つから弱くなるのかなぁ〜
今までは教会を丸ごと芸術作品として見ていたけれど、これからは宗教画も含めてより一層深く感じることが出来るでしょうね〜楽しみです!!

それにしてもみっちょんさんって、セクスィ〜ぢゃありませんこと?





みっちょん (2007/05/21 8:11 AM)
●しいさん ほえ〜、良いですなぁ。
私は遠距離なんてまったく無理なので、うらやましいですよ〜。

●ロマーヌスさん 私も一応アクア・アルタが良くある時期に行ったのですが、残念ながら見れませんでした〜!
…でも、びしょ濡れになるからそれで良かったのかしらん。
でも、その光景を見てみたい…。
ああ〜、悩ましい。

●comeさん わあ〜、嬉しいです〜!
私は今までキリスト様は「皆さん愛を持っていきましょう」的なのん気な事を言っていたのかと思ってたんですよ。
でも、この小説を読んで「そうか〜、愛は愛でも、こう言う愛だったのかもしれないのか〜…」と、いたく感動しました。
やっぱりキリスト教の事を勉強してイタリアに行くのと行かないのでは、全然違ってくると思いません??

…でもね〜、尻が大きいと悩みも大きいんすよ〜…(-Д-;)