<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 優雅にお茶を(@カフェ・フローリアン) | main | ミラノ・ミラーノ・ミラン♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

本当に難しい、ヴェネツィアのレストラン。

ワタクシ、美味しくて安い店を嗅ぎ分ける能力はなかなかのモンだと思っておりました。
が、ヴェネツィアだとこれがあまり発揮される事がなく、店探しに大変苦労しました。

何でだろう?

一つはお店を探す事自体が大変だと言う事。
地元の人が行く美味しいとされる店は、大抵わかりにくい路地の中…。

それからもう一つは、私が良く基準にする「地元の人が多く来ているかどうか」という点(それについての過去記事は → こちら!)がありますが、ローマよりも観光客比率が高いヴェネツィアでは、どこに行っても観光客だらけなので、これがイマイチよく分からなかった。

要するに、何も事前情報を仕入れないでヴェネツィアでレストランを探そうとすると、とても苦労するのです。
しかもヴェネツィアのレストランは大抵お値段が高めなので、余計に大変だ。
私ももちろん、事前に色々調べたのですが、まぁ、人によって評価が違うのは当然。
後は実際に現地に行って店の雰囲気を確かめるしかないですよね…。


      ●篠 利幸さんのイタリア紀行 → ヴェネツィアの居酒屋の紹介ページ


私はレストランよりも、バーカリ(Bacari)といわれる居酒屋さんに行ってばかりでした ← シャレ? Σ(゚д゚* )
篠さんが紹介している所はどこも美味しそうなので、一度見てみてくださいね!




↑とても有名なバーカリ、Cantina Do Mori(住所 S. Polo 429)。
どこのガイドブックにも載ってると思います。
雰囲気は最高ですが、立ち飲みなので要注意。
プロセッコ(Prosecco)頂きました。
おつまみ(Cichetti)も1.5〜2ユーロ前後であります。
カウンターにあるショーケースから選べばOK。



↑こちらも有名なバーカリ、OSTERIA AL DIAVOLO L'AQUASANTA
お店の名前の日本語訳は「悪魔と聖水」(なぜかACQUAのつづりが違いますが)。
こちらのサイトにもこの店の詳しい紹介が載ってました → 面白い!
立ち飲みだけでもOKです!


↑店もほの暗く、良い雰囲気!
魚のフリット類も頼みたかったのですが…。
この日はちょっとお腹がいっぱい&疲労困憊してて無理でした…残念!!!
オカンが付け合せ(Contorno)だけで4ユーロ。
私がラビオリで10ユーロ。
ハウスワインが5ユーロ。
サービス料が2.28ユーロで、しめて21.28ユーロ…どんなモンでしょ?
普通のレストランと違って、こういうオーダーができるのが有り難い。


↑お店の看板が可愛いの。聖水(ワインの事かな?)と悪魔…。
なかなか言い得て妙ですな。
横にあるのはこの店の地図…口では絶対説明できません(;´Д`)




↑時計が珍しいサン・ジャコモ・リアルト教会。
こちらで紹介した店はすべてこの周辺にあります。




↑あまりにも観光客向けなので、入るかどうか凄く悩んだ DA PINTO(S. Polo 367)。
店の前に、この店が載ってる日本の雑誌が飾ってあったりするんだもん…。
ちょっと雰囲気台無しですが、こちらのセットメニューはまぁまぁでしたよ!!!


↑前菜の盛り合わせもなかなか。
バッカラ・マンカートは鱈をオリーブ油で練り上げたペーストで、ヴェネツィアの名物です。


↑パスタも選べました。もちろんここは魚介のパスタで。
テラス席も素敵ですが、中の感じも良かったです。
上の写真のセットメニュー(この2皿の他にデザートもついてたと思う)が15ユーロ。
ハウスワイン(ハーフ)が5ユーロ。
他に付け合せ4.5ユーロを頼んで、しめて24.5ユーロ、サービス料は無し。
これなら、ま、納得です。




↑これらの店がある辺りは散歩にも、もってこい。
歩きながら、お店を探してみよう〜っ!!



あ、そうそう…。
ローマにはぼったくりレストランが多々あるそうですが、ヴェネツィアもかなり多いとか。
私は幸いにも被害にあったことは無いのですが…、皆さん、気をつけましょうね〜!!!




↑OSTERIA AL DIAVOLO L'AQUASANTAに入った一番の理由はこれ。
店の前でワインを飲んでいた陽気な爺ちゃん。
こういう爺ちゃんがたむろしている所は、まず美味しいと思って良いのであります。

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.06.07 Thursday 08:49 | comments(9) | trackbacks(2) | イタリア・ヴェネツィア旅行 | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 08:49 | - | - | - | 
SOLE (2007/06/07 5:45 PM)
サン・ジャコモ・リアルト教会の左脇の角っこにあるバーカリは、ヴェネツィア出身の義兄の彼女のお薦めだったよ!ちょっと今風な感じでなかなかおいしかったわん♪
ottotto (2007/06/07 10:17 PM)
ヴェネツィアには4回行きました。しかし二度と同じお店には辿り着けませぬ。
道を覚えてないのですぅ〜;行き当たりばったりこそヴェネツィアならではだけど、
再訪出来ないというのもヴェネツィアならでは、ですね。ネ!(と、自分の記憶の無さを棚にあげる)
nonch (2007/06/08 4:22 AM)
ブログにコメントありがとうございました
DIAVOLO いいですよね〜〜
かなり感激したのを覚えていません

確かにヴェネチア
調べないで行くとホントに苦労しますね・・・

私も篠様のページにお世話になったくちです
みっちょん (2007/06/08 9:55 AM)
●SOLEさん オオ! 左脇ですね?
今度行ったら寄ってみます!
これぐらい判りやすい所にあれば、見つけやすいんですけどねぇ。

●Ottottoさん あははは、まさに迷宮ですよね♪
おかげで毎回、初めて来たかのような新鮮さで。
住所もややこしいから、なおさら大変!

●Nonchさん こちらこそ、有難うございます!
写真撮るのお上手ですね〜。
私は夜の写真が特にヘタで…。
あと、料理のアップを取るのも下手です(゚Д゚;)
らふぁえろ (2007/06/10 12:55 AM)
ヴェネツィアにこんな所があったのか!?

歩き回ったけど、イマイチ良いとこが見つかりませんでしたわ。
みっちょん (2007/06/10 10:14 PM)
●らふぇえろさん そうなんですよ。
後からこんな所があったのか〜って思いますよね(笑)。
ヴェネツィアは事前にしっかり場所の確認した方が絶対いいと思います。
でも正直言うと、ローマ広場近くのCOOPの惣菜コーナーが一番良かったりして。
デザートも充実してるんですよ。
名物のタラのペーストもあったし。
ヴェネツィアでレストラン疲れしたら絶対おススメです。
紙コップとかプラスチックのフォークとか安いの売ってるし。
そこでテイクアウトして、海岸沿いでピクニックしたんすよ♪
kndchk (2007/06/11 7:40 AM)
こんにちは、aiutoさんのところから来ました。
確かにヴェネツィアは難しいです。店の名前は同じでも3年くらいで経営者がコロコロかわりますから、もう永年住んでる私でも、ちょっと行かない間に格が下がっててガッカリっていうところ多いです。
おっしゃる通り、ヴェネツィア人同士の
口コミもなんだか怪しいので、どんどん自分の足と舌で開拓していくしかないのです。だから資金要ります。
みっちょん (2007/06/12 7:36 AM)
●kndchkさん 初めまして! コメント有難うございます。
その経営者がコロコロ代わるって言う話は聞いた事があります。
そうなると旅行者はどうにもなりませんよね…。
入った店が良い店であることを祈るしかない!!
- (2013/06/07 9:45 AM)
管理者の承認待ちコメントです。









ヴェネツィアで食べる
水の都ヴェネツィア(Venezia)イタリアに興味がある人なら一度は訪れたい場所ではないでしょうか。 さて、そんなヴェネツィアなのですが安くて美味しいものを食べるのは結構難しいものです。 因みに名物料理をいくつか挙げますと PEOCI SALTAI(ペオーチ・サル
| イタリア情報トラックバック | 2007/06/18 12:50 AM |
ヴェネツィアの先生
ここヴェネツィアは、色んな意味で縁や思い入れのある街です。 幾つか例を挙げると以下の通りです。 初めてのイタリア旅行で(1999年)に訪れたこと。 挨拶くらいしかイタリア語を喋れなかったけど、友人の2人でホテ
| イタリアマニアの気になることは?(Italia Mani@ravel) | 2007/07/29 9:41 PM |