<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< ギリシャ神話の世界へようこそ! | main | 拝啓 イタリアンパセリ 様 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

やっぱりローマは一日にして成らずなのです。

ローマに関する格言というか、名言はたくさんある。
このブログのタイトルだってそうだし、今日の記事のタイトルもそう。
「郷に入っては郷に従え!!!」は英語だと「When in Rome,do as teh Romans.」(イタリア語=「Quando a Roma vai,fa' come vedrai」)だ。

この魅力的な町ローマの元になるであろう人々が、古代ローマ帝国時代の皆様であります。
ローマに住むんだったらこの事も勉強…しなきゃねぇ。
え〜…最近勉強の話ばっかりですみません。

実は、正直に言うと、私は古代ローマ帝国時代のお勉強だけはどうしても出来なかった。
なぜかというと、私はカタカナがとても苦手なのである。
キリスト教とギリシャ神話はまだ何とかクリアできていたが、この古代ローマ人の名前の難しさ長さややこしさには負けた。

「リタイア」を「イタリア」、「エリンギきのこ」を「エンギリきのこ」を読んでしまう私にははなから無理なのだ。

そこで今回は姉ちゃんより紹介された本を。
それは 塩野七生著 「ローマ人の物語」 というシリーズ物です。
第1巻から始まり、未だに続く超大作です。

うちの姉ちゃんに「読め、読めぇ〜!!!」とすごい言われたのですが、私はローマ帝国の最大のヒーロー・カエサルと最大の悪役・ネロが出てきたところをチョロっと読んだだけで降参した。
姉曰く、全部の登場人物が生き生きと描かれていて、大変面白いそうな。
興味をもたれた方、図書館には必ずあるので借りてみたらいかがでしょうか?

(↓後から知ったのだが、この大作「ローマ人の物語」自体のガイドブックが出ているので、私のようにとりあえずでいいや…と思われた人はこちらのほうが良いかもしれない。写真や様々な豆知識がふんだんに盛り込まれており、ローマのガイドブックとしても優れています。)
塩野七生『ローマ人の物語』の旅
塩野七生『ローマ人の物語』の旅
新潮45編集部

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.04.06 Thursday 10:08 | comments(2) | trackbacks(0) | 留学前(出発まで) | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 10:08 | - | - | - | 
ぼうず (2007/09/12 10:12 AM)
 私もローマ人物語持ってます、イタリアで知り合った友達から譲り受けました。しかし・・・それとは別の(天使と悪魔)と(ダビンチコード)以外はまだ手をつけていなかったりします・・・(^_^;)
みっちょん (2007/09/14 9:35 AM)
●ぼうずさん ローマ人、絶対読めません私。
だって登場人物が覚え切れなくて。
わけわからなくなっちゃうんだもの!!!