<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< ベルリンの宿「ホテル・ボゴタ」 | main | ベルリンの街を駆け抜けろ!!(@ベルリン市内交通) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

備えあれば憂い無し。(@ベルリンのガイドブック)

ホテルBOGOTAが載っていたガイドブック。
その事もお話しなきゃいけませんね。
私は行き当たりばったりの旅が出来ない人間なので、ガイドブックは必需品です。
備えあれば憂い無しって事で、今回もこちらを旅の共に連れて行きました。


今回持ってったガイドブック
この旅は、普段お世話になってる地球の歩き方ではなく、昭文社さんの下のガイドブックを持っていきました。
地球の歩き方だと、ベルリンにクローズアップしたのは出てないのでね!

一番のポイントは、「ガイドブックに載っている地図は昭文社さんの方が良い」と言うことであります。
良いと言うか、地球の歩き方のよりも見やすいんですね。
ガイドブックから切り離せる付録の大判地図も付いてきますし。

そして昭文社の地図には、主要バス路線のバス停の場所と名前まで記入してあるのであります!!!!
皆さん、これが大きなポイントなのであります。
地球の歩き方はバス停の位置と名前までは地図に無いですから。
これはベルリン初心者にとってはかなり心強い。

ホテルBOGOTAはこのガイドブックに紹介されていましたので、ホテルの位置は当然載ってるわけですが、それに合わせてホテルの最寄のバス停「Bleibtreustrasse」の位置まで載ってるんですなぁ。
そのおかげで、バス停はホテルがあるブロックから少し先の大通り沿いをちょっと行った先にあるんだな…と、前もってわかるわけです。

もし、ドイツ国内を周る旅をするんだったら、迷わず地球の歩き方を買っていたでしょう。
しかし、今回の旅はベルリンだけですので、昭文社さんので十分。
ガイドブックも出版社によって特徴がありますのでね。
目的に合わせて使い分けると良いと思います。



         トラベルストーリー〈37〉ベルリン・ドレスデン
         トラベルストーリー〈37〉ベルリン・ドレスデン (トラベルストーリー (37))
         


本当はもう1つ、雑誌FIGAROのベルリン特集の記事(地図つき)も持って行ったんです。
これもかなり役に立ちました。
普通のガイドブックでは載っていない、お洒落で素敵な店がたくさん載ってますよ。

が、残念ながらこちらはかなり古い雑誌なので、もう売ってないかも。
FIGAROでお目当ての都市の旅行特集があった時は、とにかく買っておく事をお勧めします。
値段も500円前後ですしね(^∀^)




↑もう1つの「備えあれば憂い無し」。
皆さんはどうですか?



JUGEMテーマ:絵日記★
JUGEMテーマ:旅行
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2008.07.04 Friday 09:13 | comments(3) | trackbacks(0) | 海外旅行-ベルリン・プラハ | 

スポンサーサイト

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday 09:13 | - | - | - | 
さばぇ (2008/07/04 4:38 PM)
こんにちは、お帰りなさいませ。
ベルリン、もう何年も前からドイツ人の友達に、ベルリン遊びに来い来い と言われてるので、いい加減行きたいな〜 と思っているところでした。
ドイツって今までなーんの興味もなかったので、ベルリンもどんな街なんだかイメージすら全然わかなくて、今から予習しないとなー と思っていたとこでした。
なのでベルリン旅行記とても楽しみにしてます。:)
ottotto (2008/07/05 2:07 AM)
バス停の名前と場所が記載してあるって良いですね!次回利用してみたいです。
私も3回に1回はトラブってるような気がします。
機内から、積み込まれるスーツケースの中に自分の物を確認出来なかった時の
あのなんとも言えない寂しさ。相棒を置き去りにした気分(涙)
それだけに、スーツケースが手元に戻った時は感動的で、
「どこに行ってたの?!よく戻って来てくれたね!」とスーツケースに話しかけしまう程の有様です(笑)

みっちょん (2008/07/06 8:28 AM)
●さばぇさん ベルリンは綺麗でお洒落で、首都のくせに落ち着いてて、大変楽しゅうございましたよ。
せっかくお友達が誘ってくれてるんだったら、是非!

●Ottottoさん バス停の位置は助かりますよね。
地下鉄はどこの国でもそうですが、ちょっと怖い感じになりますのでね。
今回はスーツケースが入れられるのを目撃したので嬉しかったです♪
回りの乗客の様子を見てみてると、一泊分の着替え等を機内持込してない人も結構いらっしゃって。
こういう人は、私たちみたいな目に会った事がないのかしらん???