<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
    
  • ↑当サイトはリンクフリーです♪
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2010.05.23 Sunday  | - | - | - | 

仏像ファンは、行くべきだ。(@ヴィラ・ジュリア国立博物館)

今回は、あまりスポットが当たらないけど、素晴らしい博物館を紹介したいと思います。
それが「ヴィラ・ジュリア国立博物館(Museo Nazionale Etrusco di Villa Giulia)」です。







こちらの博物館は、広大なボルゲーゼ公園の一番端にあります。
そのせいでしょう、あまり訪れる人もいなくて、いつも静かです。
ボルゲーゼ公園を突っ切って歩いていくのも良いのですが(でも結構歩きますからね!!)、トラム19番が目の前を通ってますので、それを利用しても良いかと思います。
トラムやバスの路線図を駆使して、行き易い方法で行って下さいね!



      ●衛星画像で見てみよう! → こちら(南にいくとポポロ広場が見えてきます)



こちらの博物館は、ローマ帝国とは別にイタリアで栄えていたエトルリア(Etruria)の美術を展示しています。
すばらしい彫刻、工芸品の数々が目白押しです。

このエトルリア美術がねぇ、これまた良いんだわ。
特に有名なのが「夫婦の寝棺(Sarcofago degli Sposi)」という、石棺。
穏やかな文化だったのでしょうね。
棺の上に横たわる夫婦の像がとても幸せそうなのです。

この微笑がねぇ、奈良の仏像に見られるアルカイックスマイルを思い出させる訳ですよ。
ローマにいると、自分が異国人だと強く意識させられるのですが、エトルリア美術を見ていると、ヨーロッパからアジアまで、きっと文化的に繋がっているんじゃないかなぁ…と思えるのです。




↑アルカイックスマイル中。
以前も言いましたが、私は立派な仏像顔なので、得意中の得意です。



それからこちらの博物館は、収蔵品だけでなく庭園も素晴らしいです。
手入れのされた花壇、美しく飾られた回廊…。




↑この奥に夫婦の寝棺が展示されています。


↑美しい噴水。


↑回廊の天井に注目。


↑ノスタルジックな天使が描かれています。






ぜひ、晴れた日に。
そしてローマに、見慣れたヨーロッパ文化に疲れた時に、ぜひ。





JUGEMテーマ:イタリア
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2008.03.19 Wednesday 11:05 | comments(2) | trackbacks(0) | ローマ・その他の地区 | 

今年最後の?冒険。(@ギリギリの奈良日帰り旅行)

いやねぇ、奥さん。
またもや奈良に行って来たのよ。
前回の奈良旅行で行けなかった「室生寺」と「飛鳥」を巡る旅に出かけたのです。

そのきっかけはオカンの「綺麗な紅葉が見たい」という一言。
我が家の周辺でも綺麗な紅葉スポットがある事はあるのですが、大体が「雄大な自然」そのものの紅葉。
奈良とか京都にある「美しい建造物と一体になった紅葉」ではないのです。

奈良に紅葉を見に行く…しかも室生寺に…。
そしてのどかに広がる飛鳥の里…。




↑飛鳥の里



やまとは国のまほろぼ〜…
たたなずく青垣〜…
山隠れる やまとしうるわし〜…

そこを歩く私とオカン!!!
そう思ったらね、行きたくてたまらなくなったんですの。




↑亀石の前で。発見するのに手間取った!



でもやっぱり、どうせなら晴れた日に行きたい。
しかもお金をかけず…となると、軽四車で、しかも日帰りで行こうじゃないかと!!!
さらに奈良に行ったついでに名古屋にもチラッと寄ってみようという事になったんですわ〜。

何でそこで名古屋が出てくるかと言うとですね、名古屋に程近い清洲という所に友人が住んでいるので、ほんのちょっとでも良いから顔を見にいこうか、という事で。
と言いますか、味噌カツと味噌煮込みうどんを食べて帰りたいと言う、私の脈絡の無い希望もありまして。




↑こちらは飛鳥で食べた「めんどや」のランチセット。
柿の葉寿司とにゅうめん、ワラビモチが。
駐車場は店の後ろの坂を登った所にあるんだわさ。



我が家を出発したのは午前4時半!
たくさんの高速道路を乗り継ぎ、奈良の中心街をスルーして、法隆寺についたのが午前10時。
それから飛鳥の里へ向かい、そこで昼食を済ませ、今回のメインである室生寺へ。
室生寺はシャクナゲでも有名ですが、紅葉も素晴らしかったです。




↑川沿いにある室生寺、橋を渡って行きます。


↑燃えるような紅葉。


↑春は下にあるシャクナゲが咲き誇る、有名な石段。


↑この紅葉と土の灰色のコントラストがたまらん。








↑紅葉の赤色が、木の幹までも赤く見せる。



室生寺から名古屋へ向かったのが、午後4時ごろでしょうか。
奈良から名古屋までは「名阪国道」という、物凄い便利な国道が走ってまして。
大量に走るトラックに囲まれて、めちゃめちゃ怖かった〜…。
普段はこんな交通量が多い道を走る事はまず無いですからね。
しかし、この道を使うと奈良−名古屋間の近いこと近いこと!!

無事に友人と清洲城の近くで再会し、希望通りの名古屋名物を平らげ、帰宅したのはその日を過ぎまして、翌日の午前0時半でした。
すごいですね〜、一体何キロ走ったんでしょう。

ハイ、走りも走ったり、780キロ!!!
あははは、そんなにたいした事ないかな?
でも私的にはかなりの「大冒険」でした。




↑涙無しでは見られない、私の親孝行姿。



名古屋を越えて山間部に入ったら、ガススタ無いでやんの。
マジでビビッた。
あと後30キロ、山道を走らされたら、間違いなく山の中で、真夜中にガス欠してた。



JUGEMテーマ:紅葉狩り

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2007.12.07 Friday 12:06 | comments(7) | trackbacks(0) | 国内旅行-いろいろ | 

三笠焼きとドラ○もんの関係(@奈良を食べ歩き!!の巻き)

みっちょんの奈良旅行記はいよいよ最終回であります。
「あ〜、やっとこれでイタリアの話に戻るのか…。」と思っていた皆様、イタリア話から脱線しまくって申し訳ありませんでした。


    


奈良から帰ってきてからも、図書館に駆け込み、見てきた仏像などについて復習をするという念の入れようで、どうやらかなり奈良を気に入った模様です。
京都とは違って気楽と言うか、ちょっと田舎というか。
景色がわが町と似てるな〜、な〜んて…(郊外に行くと本当に何にも無い所とか…)。
そして当然のごとく、奈良で美味しい物にたくさん出会ってきました〜!!!



酒処 蔵
雰囲気もさることながら、お寿司屋兼居酒屋なので、味の方も確かです。

 入口からワクワクさせる!

 おでんもあるなんて、嬉しい!

 狭い店内にお客さんが一杯!

 (左)うざく (右)名物のきも焼

 バッテラも美味!



松鼓堂
奈良の名物で「茶粥」と言うのがあるという事を、今回初めて知りました!
法隆寺のすぐ近くのお店で、歩きつかれた体を癒していただきました〜。

 お餅入りなんです!



酒肆春鹿
奈良の銘酒「春鹿」の名前を取った居酒屋です。
店の外観とは違って、スタッフは若い人が多く、気さくに入れます。

 

 予約した方が良いかもしれません。

 (左)馬刺し (右)じゃこめし



春鹿酒造
昔の町並みが残る「奈良町」と言う界隈にあり、観光客でも行ける所にあります。
ここで利き酒をしてきました!
400円で5種類のお酒が飲め、さらに奈良漬もおつまみで出してくれます。
そして使ったお猪口は持って帰れます。

 昔ながらの街並みの中にあります。

 ここでも抜かりなくお姉さんをパチリ。

 やっぱり鹿かぁ〜。



湖月
これも初めて存在を知ったのですが、「三笠焼き」というドラ焼きのような和菓子です。

 写真は湖月のではありませんが。

奈良の三笠山にちなんだ物なのでしょうねぇ。
ドラ焼きとどう違うかというと、三笠焼きは直径が約16cmと巨大な所でしょうか。
それ以外はあまり違いが無いような…でも、皮がいつも食べてたドラ焼きとは違った食感で楽しゅうございました。
この三笠焼き、いろんなお店で売っていますが、近鉄奈良駅に一番近い「湖月」で買ってきました〜。
もしこのブログを見てる奈良在住の方がいましたら、是非「ここの三笠が一番なんだよ〜!」っていうお店を教えてくださいね!




↑君に違いを説明したいのは山々なのだが。
ドラ○もんに要注意。

20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.11.16 Thursday 09:46 | comments(8) | trackbacks(0) | 国内旅行-いろいろ | 

老年パワー、大爆発!!!(@正倉院展・東大寺)

今回、奈良旅行のメインイベントとして奈良国立博物館で開催された「正倉院展」に行くことにしました。
正倉院は誰もが学校で習い、100%の確率でテストに出題される校倉造の建物。
その中に納められていた天皇ゆかりのお宝を年に1回、ほんの少しだけ特別公開するのです!


     お宝を見てみよう! → 宮内庁:正倉院ホームページ


今回この特別展に行って初めて知ったのですが、正倉院の収蔵物は9000点近くあるので、毎年展示される物が違うんだとか。
私はてっきり歴史の教科書で見たもの全部が見れると思っていたのですが、そうじゃなかったのです(綺麗に装飾された螺鈿紫檀五絃琵琶とか見れるかと思ってたのに、残念!)。
お目当ての物を見るためには、何年にも分けてこの特別展にやってこなきゃ行けないんですね〜。
イヤハヤ、ナントも大変だ。



ウフィッツィ美術館さながらの、入場まで3時間待ち!


天平時代の衣装を来た可愛いお姉さんにもぬかりなくチョッカイをかけ。


奈良駅に降り立った時から、何やら観光客の熱気がムンムンだなぁと思っていたのですが、その原因は正にこれだったようです。
毎年開催されて、今回で58回目…!!!
聞けばこの特別展が開催される頃は奈良のホテルは満室ばかりだそうで…。



さて、美術館を見終えたら、そのまま東大寺へGO!!!
一度来たことがあるはずなのに、初めて来たかのような新鮮さ…。
あんまり綺麗さっぱり中学生時代の修学旅行のことを忘れているので、少々自分の記憶力が心配にはなりますが。
この時ばかりは、何でもすぐ忘れてしまう人間の脳にバンザイ!!!なのであります。


 参道を歩くだけでもうワクワク

 キターッ! 東大寺金堂よーッ!

 お久しぶりです、大仏様

 足元にはヒッソリと蝶が。

 多聞天もカッコイイ

 海外の方も真剣にお守り選び

 昔はさぞや色鮮やかだったんでしょうねぇ

 金堂からの眺め。

 二月堂からは奈良の町が見渡せます。

 二月堂の石段に残る、古代の文様も素敵!

 この黄色やら赤には仏教的意味があるのかな?

 土塀にまで風格漂う感じ!

 屋根の上のオチビちゃんも何だか偉そうだ(笑)




↑コチラの写真は、いつも素敵な写真を提供してくださるグロリオーサさんから頂きました!
さっそく載せちゃいましたよ!
この写真を撮るために、さぞや寒い思いをされたのでは〜ッ???


↑コチラもグロリオーサさん。
どうして私が仁王像を撮り損ねたのがわかったのですか〜?
本当にタイムリーな写真を送ってくださって有難うございます!



ちなみに、今回のこの正倉院展では改めて老年パワーと言いますか、何と言いますか…。
かつては敗戦国だった日本を、ここまでの国にした年代の皆様のパワーに改めて尊敬と畏怖の念を抱きました…。





あれ???
…おかしいな、一番前で展示品を見ていたはずなのに。
いつの間にか、老年パワーにはじかれ。
…いやいや、お元気なご様子でなによりです
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.11.14 Tuesday 11:14 | comments(3) | trackbacks(0) | 国内旅行-いろいろ | 

阿修羅のごとく

引き続き、奈良旅行記です〜。
イタリア話を読みに来た皆様、もうしばらくお付き合いくださいませ嬉しい

…とは言うものの、私が思うに、旅行した先で出会った「美」に感動すると言う行為には、国境が無いわけですよ。
イタリアに行っても、日本国内に行っても、常にそう言うことに関して敏感でいたいものだと思っています。
ですから今回の旅は、今まであまり意識していなかった日本の美しさを再認識することができて、大変有意義でありました。


さて、今回ご紹介するお寺は興福寺
私が訪れた時は「国宝特別公開展」を開催していましたので、大変な賑わいでした。



↑夕日に染まる五重塔(国宝)。
その美しさはイタリアの教会たちにも負けてません。


↑東金堂にかかっていた暖簾のデザインもこれまたキュート。


↑(左上から時計回りに)
三重塔近くのお地蔵様・書いてもらった御朱印をドライヤーで乾かすお坊さん・旗の赤が美しい・南円堂のお線香


↑奈良の夕日はなんだか特別に思える!!!


そして、興福寺の一番の目玉が、国宝がわんさか収蔵・展示されているズバリ「国宝館」です。
私が「死ぬまでに一度は見ておきたいな〜」と思っていた仏像がここにあります!!
それは「阿修羅像」。



(絵葉書より)


阿修羅は戦う悪の戦闘神と言うことらしいのですが、この阿修羅像の初々しくも悲しげな顔といったら!
それから左右に伸びる手の美しさ、上半身と下半身のバランスの美しさは必見です!
もし私が阿修羅像を作ったら、きっと鬼みたいな顔をした強そうなのを作っちゃうと思うのです。
それをしなかった製作者、アンタはエライ!!!


それから興福寺のお土産売り場で、こんな素敵な物を見つけました。
阿修羅像をかたどったグリーティングカードです。





中沢圭子さんという、立体カード世界では有名な方の作品です。
現代のグラフィックアートでも通用するぞ、阿修羅ちゃん!
阿修羅のほかにも、東大寺の大仏などもありました〜。
私がゲットしたのは興福寺で買った阿修羅ちゃんだけ…。
このカードシリーズをまとめて売っているお店があったので、後で買おうと思っていたら、買いに行った日が丁度休みだったのです…残念!!!


      奈良の立体カードをまとめて売っているお店 → 藤田芸香亭




↑この間まではミケランジェロのダビデ像が最高!とか言ってたくせに。
みっちょん、浮気者だから


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.11.13 Monday 09:48 | comments(5) | trackbacks(0) | 国内旅行-いろいろ | 

奈良の鹿とのふれあい。

いや〜、3泊4日で奈良に行って来ました。

奈良を旅したのは、中学校の修学旅行以来です!!
おかげさまで超快晴に恵まれ(やっぱり私は晴れ女だわ〜おてんき)、無事に奈良のお寺を楽しく見学することができました。






鹿様のお通りだぜ!!このストリートは俺達の物だぜ!!!










カシマシ3人娘






鹿と言えども女性心を忘れず。




失礼しました(´д`;)




仲良く並んでお散歩中




東大寺広報担当。




さすが「聖獣」。立ち姿が美しいです。



例え殴られようと(←昨日の4コマを参照のこと)、やっぱり奈良には鹿が似合うと思う。
…しかしな〜、殴られるとはな〜…そんなに近づいてないのにな〜…。



みっちょん、まだ落ち込み中


20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.11.11 Saturday 10:01 | comments(2) | trackbacks(0) | 国内旅行-いろいろ | 

奈良のアイドル、鹿ちゃんの気合一発




アタイに触るとケガするよ。


太ももに、バシィッと。
グーで殴られなかった(鹿は偶蹄目なのでチョキ)だけでもマシなのか。

なんだよう〜、他の人には愛想を振りまいてたくせに〜。
私の何がそんなに気に食わなかったの……ΣΣ(゚Д゚|||)??
みっちょん、ひょんな所で気合一発のハリ手を食らってしまいました。

春日大社の鹿は、神の使いとして大事にされているのですが、それに殴られた私はもう駄目なのかもしれません…。
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.11.10 Friday 01:03 | comments(4) | trackbacks(0) | 国内旅行-いろいろ | 

なかなかやるな! 迷惑メール!




…ハイ、私は愚か者です。
本当はこういう奴なんです(←え?知ってた?)。
誘惑に負けてメールを開いてしまいました。
ま、ウィルス付メールでは無かったですし、一応セキュリティーソフトを入れているので…。

私は毎日のようにブログの記事を書いているのですが、いつも悩むのが「記事のタイトルをどうつけるか」なのです。
その点、迷惑メールの件名のつけかたは、「よくもまぁ、こんな面白い件名が思いつくな」と感心してしまう物も中にはあったりしたりして。

しかし、こんな手に引っかかっているようではイケマセヌ!!!
まったく、みっちょんには猛省を促します!!…って自分だろ…(´Д`;)
今後はルパンだろうが、五右衛門だろうが、次元だろうが騙されないように心がけます。


ところで、こんな記事をアップしておいて何なのですが、今日から奈良へ小旅行に行ってまいります。
そう!!! あこがれの正倉院展を見に行くのですよ〜!
会場でこんな奴↓がいたらそれは私です…多分。



帰ってくるまでブログはお休みしますが、どうか見捨てないで待っててね〜!
それでは、次回は金曜日に会いましょ〜ッッ!!! Baciキスマーク
20位内まで後少し! 皆さんの一押し、利いてますぜ! ありがとう! →  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
  
2006.11.06 Monday 03:14 | comments(4) | trackbacks(0) | みっちょんの現在 |